フィリピンの新型コロナの回復者数が少ない理由は何か解説します

2020/03/28現在、フィリピンの新型プロの感染者数は日に日に増加傾向にあります。

フィリピンは多くの地域でロックダウン中。

外国人のビザ発給停止、入国禁止措置はもちろんのこと、現地では外出禁止令などかなり厳しい措置が出ています。

不安な子羊

このまま新型コロナは終息するかな?いつ終息するかな?

うさみ自身も、毎日新型コロナウイルスの感染者数などの数字を追いかけています。

そこで一つ、不思議なことに気がつきました。

毎日発表される

  • 感染者数
  • 死亡者数

に比べて回復者数が著しく低いことです。

戸惑う子羊

これだと回復率がかなり低くて実は死亡数死亡率がめちゃめちゃ高いんじゃないかな?

いやいや、実はこれは数字のカラクリが隠れているんです!

決して回復者数が少ないわけではない、ということを今回は説明していきます。

フィリピンの昨日の感染者数

2020/03/27時点のフィリピンの新型コロナ感染者情報

  • 感染者数 803人 (+96人)
  • 死亡者数 54人 (+9人)
  • 回復者数 31人 (+9人)
  • 死亡率 6.72%

()は前日比

となっています。

ケースの増加傾向グラフでみるとこのようになっています。

合計感染者数

新規感染者数

問題は、803人も感染者数がいるのに対し、27日の時点でフィリピンの新型コロナウイルスの回復者数はたった31名です。

焦る子羊

今も長期で入院してる人が多いってこと?

生死の境を彷徨っている人がそれだけたくさんいるということ?

確かに単純計算をしてみると、718人の方が感染者として空中でぶら下がっている状態になっています。

でも、これについてはレアジョブ創設者の加藤さんが詳しく解説してくれました。

つまり図で解説をするとこういう風になります。

死亡者は死亡したその瞬間に死亡者として数がカウントされます。

ですが回復者に関しては退院をしてから14日間の自宅隔離措置→再検査(2〜3回)→陰性、という長い長い経過をへて回復者数と認定されます。

なので回復者数の数にはかなりのタイムラグが発生しやすくなります。

2週間前のフィリピンの3月13日時点での新型コロナ感染者数は57名でした。

自宅隔離措置が14日間あるので、現時点で57名以上の回復者数が出てくるのは不可能です。

今後も時差がありつつ、回復者数は増えていくでしょう。

フィリピンも感染者数のリストなど情報公開がされています。

詳しくそれぞれの患者のケースを知りたい場合はフィリピンの保健省のHPをご覧ください。

フィリピン保健省:新型コロナトラッカー

正しく数字を知って不安を拭う大切さ

元々の、現時点で回復者数となりえる母数が少ないということもあり、日々、

  • 感染者
  • 死亡者数
  • 回復者数

が並んで出て発表されと、かなり回復者が少ない印象を持ってしまいがちです。

ですが、どういう基準でその数字がカウントされているのか知っているのと、知っていないのでは全然印象が変わります。

こういうふうにきちんとどういう基準で数字を図っているか知っておくことで不安を拭い去ることができます。

特にこういった統計の数字はきちんと知っておくことで正しい理解へと導いてくれます。

  • 焦りすぎてパニックになったり
  • 不安になりすぎて鬱になったり

実は、新型コロナウイルスに感染するよりもそういったことの方が今はとても危険なのかもしれません。

うまく事実を受け入れ、落ち込みすぎずにポジティブに毎日の幸せを感じながら生活することが一番です。

せっかくだったら普段できないことや、ゆっくりと読書をしたり。ほっと一息コーヒーを飲んでみたりすることがお勧めです。

うさみは最近この本を読みました。知り合いにオススメしてもらった本です。

フィジー人がどうしてそんなに幸せなのか、幸せに生きるための考え方をテーマにした話なのですが、まるでフィリピン人のような考え方だなと思いました。

フィリピン人の考え方と共通点がとても多くて、「あれ?これフィリピンの話だったかな?」と思うような本でした。

よかったら読んでみてください。

Kindle Unlimited だったのでKindleUnlimitedに登録している方なら無料で読めます。

KindleUnlimitedの30日間無料登録をする

ロックダウンで、リモートワークに移行したり、家にいること増えていると思います。

最初は特別で楽しく感じていたとしても、ずっと継続をしていればだんだんと疲れてしまったりもします。

あんまり悩みすぎず気楽に行きましょう。それが一番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です