フィリピンの洗車が激安な理由。値段とクオリティーを検証!実際に行ってきた。

フィリピンの洗車が激安な理由。値段とクオリティーを検証!実際に行ってきた。

今回初めてフィリピンで年末年始を過ごしたうさみ。

年末年始になるとなぜか大掃除をしたくなるのは、日本で育ったからゆえなのでしょうか?

生まれ育ってきた習慣や文化はなかなか抜けないものです。

いつもフィリピンでお世話になっている友達のバイクがドロドロだったので、一緒に洗車に行きました。

うさみ

フィリピンの洗車ってどんなのか想像つきますか?

へーって思うことがたくさん!フィリピンの事情を知ったので今回のブログを通してあなたにシェアします。

フィリピンの洗車事情

フィリピン・マニラEDSAでの渋滞

フィリピンは発展途上国。めちゃくちゃ富裕層もいればスラムもある国です。

どちらかというと日本よりも貧困なイメージを持っている人が多いのも事実。

なので、

ぴよこ

  • 別に車が汚れていても気にしなさそう
  • ドロドロでも大丈夫そう
  • 汚いとか、気を使ってる暇はなさそう
  • 車をそもそも買えるの?

なんてイメージがあるかもしれません。

ですが、実際に住んでみて知った事の一つ。

フィリピン人はきれい好きな人がめちゃくっちゃ多いです。

うさみ

むしろ日本人のうさみより綺麗好きです。うさみがズボラすぎるのかもしれませんが…。

走っている車やバイクはいつもピカピカ!

ちょっとでも汚れがあると気にして洗車へ駆け込む人もいるぐらい。

フィリピンの洗車場の看板

フィリピンの洗車屋はいたるところにあります。

どのくらいの量の洗車屋があるかというと、うさみの感覚で日本で見かけるコンビニ並みに洗車屋があります。あちこちにあります。

最初、洗車屋ということを知らない間は気づかなかったのですが、道を走っているとあちこちに『CAR WASH』と書かれた看板があります。

うさみが住んでる地域の3キロ圏内に15件くらいは洗車屋さんがあります

フィリピンでの洗車の料金はいくら?

フィリピンの洗車でバイクの洗車

フィリピンのと洗車の料金は安いのか高いのかどっちなんだろう?

フィリピンの洗車の料金は日本と比べると激安です。

フィリピンの洗車料金の相場
  • 車の洗車料金の相場:100〜250ペソ(約220円〜600円)
  • バイクの洗車料金の相場:50〜80ペソ(約110円〜180円)

これ、手洗い洗車の価格!びっくりですよね!

日本の洗車料金は機械洗車で100円〜1200円

手洗いの洗車となると、2000円〜5000円が相です。

ちなみに値段に差があるのは地域の差。マニラの都会のど真ん中の洗車場と、セブの中でも田舎の方の洗車場とでは料金が異なります。

あとは、外国人料金と現地人料金もあったりします。

ホープくん

僕のバイクの洗車料金は50ペソだよ

といっていた現地人のホープくんについていったら洗車料金が80ペソになっちゃった、なんてこともあります。

フィリピンでの洗車のクオリティーは?

フィリピンの洗車でジプニーを洗車そんだけ安かったら洗車のクオリティはめちゃめちゃ低いんじゃない?

そう思いますよね〜。うさみも実際行くまでは思っていました。そんな値段でほんとにちゃんと洗ってくれるの!?適当なんじゃない?と。

ですが、実際に行ってみてびっくり。雑ってことは全くもってありません。

むしろめっちゃ、きちんと洗ってくれます。

フィリピンの洗車でジプニーをアワアワに

高圧洗浄機を使って水をかけ、泡ホースで車をアワアワにします。

その泡で丁寧にゴシゴシ手洗い。

フィリピンの洗車でバイクの洗車は丁寧

タイヤ周り、ホイールや裏側までしっかり。

ルーフ部分はどうするのかな?っと思っていたら、脚立に登って洗いです丁寧に洗っていました。

最近ではコーヒー&WIFIつきのところも!

まるでカフェのようですね。

5年くらい前にはセクシーお姉さんが洗車してくれるような場所もあったらしいのですが、今ではなくなってしまったそうです。

なぜそんなに安いの?

フィリピン人の働き方。コンビニ店員もおしゃべり、スマホは当たり前!日本と働き方比較

料金が安いのは人件費の安さ、そして初期費用の安さがその秘密。

フィリピンの人件費は1日当たり約300〜400ペソ(約700円〜1000円)。

時間はだいたい8時間から10時間ぐらい働きます。

1日しっかり働いて、日本の1時間の時給程度の給料しかないんです。

【フィリピンの給料】フィリピン人の最低賃金はいくら?時給?日給?月収は?どうやって仕事を探すの?

フィリピンの手洗い洗車の場合、事業をスタートするにあたり必要な資金が100万円以下ですみます。

  • 洗車する場所
    →ほとんどは貸店舗
  • 高圧洗浄機、泡ホースなどの機材
    洗浄機(ビノンドで) 5000ペソ
    ホース 他 まあ 2000ペソ
    ドラム缶 1000ペソ
  • 井戸水(水道水だと高くつくので)
  • 人件費

程度の機材なので50万円以下の初期費用でオープンできるんじゃないでしょうか?

ちなみに日本の機械洗車の機械は400万円〜600万円くらい。

機械の他にも場所代、水代、掃除機、人件費なども必要です。

そもそもに機械のコストだけで全然違いますよね!そりゃフィリピンでは機械洗車は普及しないわ。

というか、楽天で洗車機が売っててびっくりした…。

そういうこともあり、フィリピンの洗車は手洗いでもこんなに格安なんです。

投資の観点でも、いろいろなチャンスがありそうです!

うさみ

生活費が安くってありがたい

フィリピンでの生活はそんなこともあって生活費が日本でいるよりも安くつきます。フィリピンライフもぜひぜひいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です