【フィリピン就職のリアル】英語は必要?就職方法、求人の探し方、給料はどのくらい?

【フィリピン就職のリアル】英語は必要?就職方法、求人の探し方、給料はどのくらい?

現在フィリピンに住んでいる うさみ(@usamilife)です。

フィリピンはアジアで最も英語の通じる国として有名。海外で心配な英語を身に着けながら働ける環境としてとっても魅力的です。

うさみ

今回はそんなフィリピンの就職のリアルについて!

就職の方法、求人の探し方、お給料など。フィリピンに実際にいるからこそわかるフィリピン就職のリアルをお伝えします。

フィリピン就職するには英語は必要?

【フィリピン就職のリアル】英語は必要?就職方法、求人の探し方、給料はどのくらい?

フィリピンの就職する際に心配なのは英語が必要なのかどうか。

日常会話レベルでOKなところもあれば、ガッチリ必要なところも。

でも、英語を理由にフィリピンでの就職をあきらめてしまうのはもったいなすぎる!

会社によっては福利厚生で無料で英会話レッスンをしてくれる会社。仕事をしながら英語のレベルアップができます。

たしかに、英語が必要かどうかは業種によって要求されるレベルがかーなり異なります。

英語0、日本語のみでオッケー!という会社はごくごく少数かもしれません。

ですが、日常会話レベル・社内でのコミュニケーションができればオッケー!というレベルの会社が多いです。

また日常会話のレベルも、

英語に自信がない子羊

文法が自信ないからしゃべれない…。

3単語つなげたレベルの文法しかしゃべれない…。

と心配しなくても大丈夫です。

文法が整っていないとコミュニケーションが取れないということはありません。

自分が伝えたいと思うことを、自分なりの文章で組み立て一生懸命話をすると、相手も一生懸命聞いてくれます。

また仕事上の必要な英語は、仕事をしながらどんどん覚えていくことができます。

フィリピンで就職する方法

【フィリピン就職のリアル】英語は必要?就職方法、求人の探し方、給料はどのくらい?

フィリピンで就職をする、フィリピンで働く方法は大きく二つ。

  1. 日本の駐在員
  2. 現地就職

フィリピンで働く方法:日本の駐在員

日本の駐在員は、日本の企業に就職してフィリピンに赴任する方法。

日本のお給料とともに、手当がたくさんついてかなり手厚いです。

海外にいると出る、駐在手当などが出るのでめちゃくちゃいいお給料。

しかもフィリピンは日本よりも物価の安い国。

【フィリピン就職のリアル】英語は必要?就職方法、求人の探し方、給料はどのくらい?

メイドさん(家政婦)がお家にいて家事をしてくれて、ドライバーさんが車の運転をしてくれるというような、セレブのような暮らしをしている人がたくさん。

うさみ

フィリピンに来るまで、そんな人いないでしょ〜っと思っていましたが…。これがまた、結構たくさんいらっしゃいます。

ただし、日本の駐在員は日本で働いてから、実際に海外赴任となることの方が多いみたい。

最短でも2〜3年日本で仕事をして、その後会社の海外支店に赴任。

会社任せになってしまう部分がほとんどなので、自分の希望通りの時期や国、部署などに配属されるかは不明瞭です。

日本の会社に就職をして「いつか海外に行って働けたらいいな〜」という感じの人には日本の駐在員がいいかもしれません。もちろん狭き門です!

フィリピンで働く方法:現地就職

現地就職はフィリピンで働くには確実な方法です。

ただしフィリピンの現地採用の会社には怪しい会社もたくさん紛れています。

後で紹介しますがブラック企業も紛れています。

「入社前と聞いていた待遇が違う」「思っていた仕事の内容とは全く違った」「英語を使いたくて就職したのに全く英語を使う環境じゃなかった」なんて、トラブルになったり、ガッカリして会社を辞めてしまうことも。

日本でもブラック企業は求人に紛れてたりするので、フィリピンに限ったことではないです。ですが、海外での就職になると、情報の見極めもなかなかできない人も。

フィリピンの求人はどうやって探すの?

【フィリピン就職のリアル】英語は必要?就職方法、求人の探し方、給料はどのくらい?

そんなフィリピンの現地採用の求人。

安心して求人を探すにはどういう風に探すのがいいの?

信頼性が高いエージェントにお願いする、信頼できる会社の求人から就職先を選ぶのがいいよ!

就職先を決めるのは人生の中でもなかなか大きな選択。

ここで怪しいエージェントに引っかかってしまい、怪しい会社を紹介されてしまって就職をすると…

その後の数ヶ月〜数年、会社を辞めるまで苦しい思いをするハメになってしまいます。

せっかく

決心した子羊

フィリピンで就職したい!

海外で働きたい!

と希望を胸に行ってきたのに、フィリピンでの就職が苦しい思い出や、悲しい結果になってしまうのは残念すぎます。

嫌!と海外で思ってしまうと、その人、その会社、その国という順で、どんどん大きなくくりで嫌いになってしまいます。

うさみ

フィリピンが嫌いにならないでほしいな。フィリピンはいい国だよ!実際に住んで本当にそう思うよ!

うさみがフィリピンでオススメのエージェントは人材紹介会社 GENSAI Career Consulting Corpさん。

就職した後でもマカティで日本人の交流会を積極的に行って、海外就職で「友だちがいない」「寂しい」というなりがちな、メンタル面の心配までしてくれています。

うさみ

うさみも一度飲み会に参加させていただきました。

初参加で初対面の方ばかりでしたが、みなさんものすごくいい人ばかり!イキイキとしていて活気あふれ、知らないこと・貴重な経験談など情報交換も盛んに行われていました。

人材紹介会社 GENSAI Career Consulting Corpさんは

語学学校 Face to Face English Schoolという語学学校も運営されていています。

、「英語が不安」「いきなり海外就職は怖いからステップを踏みたい!」という方は語学学校で英語の勉強をしながら、就活という方法もあります。

MEMO
お問い合わせの際には「うさみの記事を見た」と言っていただけるとスムーズです。

語学学校は「うさみの記事を見た」と言っていただけると、留学費用が1万円割引にしてくれます!

フィリピンで働く日本人の給料は?

【フィリピンのクオータービザ】取得をしたい人に教えたい3つの事【経験者の体験談】

フィリピンで働く時の給料は、業種によって異なります。

ですが、現地で働くフィリピン人よりも日本人の給料はかなりいいです。

【フィリピンの給料】フィリピン人の最低賃金はいくら?時給?日給?月収は?どうやって仕事を探すの?

日本人の給料は就職した企業によってかなり変わります。

駐在員であれば、日本にいる時と同じ給料・もしくはそれ以上。

現地採用であれば、どの国の企業で働くかで給料は大きく変わってきます。

  • フィリピンのローカルの会社(月額)
    10,000〜30,000ペソ(日本円で約2万5000円〜7万円)
  • 日系企業(月額)
    50,000〜150,000ペソ(日本円で約11万円〜33万円)
  • 外資系企業(月額)
    60,000〜180,000ペソ(日本円で約13万円〜40万円)

うさみ

うさみは日本で保育士をしていた時、手取り月収11万だったよ!

フィリピンの求人はそれより給料いいんだ!

ただ、ちょっと気をつけたいのはフィリピンの税金。

年収(ペソ) 所得税
0~250,000 0%
250,000~400,000 (課税所得 – 250,000)✕ 20%
400,000~800,000 30,000 +(課税所得 – 400,000)✕ 25%
800,000~2,000,000 130,000 +(課税所得 – 800,000)✕ 30%
2,000,000~8,000,000 490,000 +(課税所得 – 2,000,000)✕ 32%
8,000,000~ 2,410,000 +(課税所得 – 8,000,000)✕ 35%

(2018年1月から2022年12月まで)

フィリピンの最高税率は35%です。日本人のもらうお給料だと30〜32%の税率が適用されます。

提示された給料が手取り額(税抜き後)なのか総支給(税抜き前)なのかは、確認は必須です。

悲しい子羊

20万円のお給料を手取りでもらうつもりだったなのに、税金を引かれて手取りは13万円程度だった・・・

何てがっかりしたくないですからね。

日系企業の場合給料を日本円で支給してくれるなど節税してくれることもあるみたいです。

フィリピンでよく求人がかかっている業種は?

【フィリピンのクオータービザ】取得をしたい人に教えたい3つの事【経験者の体験談】

フィリピンの求人で多いのは

  • 語学学校の日本人講師
  • 営業職
  • 通訳・翻訳
  • コールセンターなどのカスタマーサポート
  • 生産管理職
  • 技術職
  • IT関連職 など

などなど。探せばいろいろな業種の求人を見つけることができます。

フィリピンの求人は”欠員”が出ると求人をかけることが多いようなので、良い求人はタイミングと縁と運!

良い求人があれば、すかさずチェックしましょう。

ブラック企業に気をつけて!

フィリピン人は簡単にお金を借金するって本当?回収方法と断り方。経験者の対処法

ものすごく悲しいことですが、実はフィリピンでもブラック企業があるんです。

しかも日系の企業だったり、日本人で就職した方が被害にあわれていたりします。

何でしょう日本の嫌な伝統が引き継がれているんでしょうか?とても残念ですよね。

  • 約束されていた福利厚生が全くなかった
  • インセンティブが発生すると言われていたのにインセンティブの報酬をもらえなかった
  • 労働ビザを発行してもらえず、観光ビザで働かされていた
  • 家賃補助ドライバー月と聞いていたのに全くなかった
  • 就職した後に入社前と聞いていた待遇が違う
  • 思っていた仕事の内容とは全く違った
  • 英語を使いたくて就職したのに全く英語を使う環境じゃなかった
  • 普通だったらもらえるはずの退職金がもらえなかった など

というような海外就職の失敗談もあります。

こういったことを防ぐために

海外就職のポイント
  • 入社前には必ず労働条件を書面で確認する
  • 契約書をしっかり確認してから結ぶ

ということはとーっても重要です。

何もかもを会社に任せておけば大丈夫というような日本の当たり前の常識とは違い、海外で就職する場合は日本の当たり前の常識をとっぱらって考えなくてはいけないこともたくさん。

こういうことがストレスにならないように、海外での常識を受け入れることができるかどうかが大きなポイント。

価値観が変わって人生が楽しくなります。うさみはそうでした!笑

【海外移住】貯金ゼロでも日本脱出はできる?失敗しないための3つの秘訣【海外移住】貯金ゼロでも日本脱出はできる?失敗しないための3つの秘訣

海外就職、フィリピンでの就職で素敵な仕事ができることを心から祈っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です