フィリピンのアンヘレス(クラーク)へ女性一人旅。フィールズ通りのGo Go Bar(ゴーゴーバー)へ行ってきた。その1

フィリピンのアンヘレス(クラーク)へ女性一人旅。フィールズ通りのGo GoBar(ゴーゴーバー)へ行ってきた。その1

現在フィリピンに住んでいる うさみ(@usamilife)です。

フィリピンのアンヘレスでGoGoBar(ゴーゴーバー)へ行ってきました。
※うさみは女性です

好奇心だけでゴーゴーバーへ突撃!どんなところだったのか今回、レポートします。4コマにして数回に分けてレポートしてみるのでお楽しみに!

クラークって?アンヘレスって?どこにあるの?

フィリピンに在住歴1年のうさみ。まだまだ知らないことのほうがたくさんあります。

知らないことはその都度調べてみたり、知っていそうな人に聞いてみたり、軽く受け流してみたりしながら生活しています。

少し前まではクラークといえば、「Jetstar航空(LCC)がクラーク⇔関西国際空港の直通があって便利」くたいの知識しかありませんでした。

でも、知れば知るほど面白い場所。

フィリピンのパンパンガ州・アンヘレス市の中にある経済特区クラーク

なんです。経済特区なだけあって、入り口にはゲートがありセキュリティは厳重。経済特区はめちゃくちゃ治安がいいみたい。

クラーク経済特区内に入るには車・タクシー・特定のジプニーのみ。

トライシクル・徒歩では入ることができません。

1991年まで米軍基地があったこともあり、アンヘレスの街並みはどこかアメリカンスタイル。フィリピンには珍しく大きな公園もあります。

アンヘレス市内にあるSMクラーク(大きなショッピングモール)には、多くの欧米人らしき人を見かけます。

うさみの個人的な感覚でいうと、欧米人の多さで言えばある意味マニラを上回るかもしれません。

クラークは投資面からも注目の場所

クラーク国際空港から北に約30kmのところに新構想されているのがNew Clark City(ニュークラークシティー)

マニラに代わる現代的な都市構想があるんです。

マニラのスモッグと渋滞の解決策として、フィリピン政府は全く新しい、より持続可能な都市「New Clark」の開発を計画している。

開発費用は140億ドル(約1兆5000億円)、面積はマンハッタンを超える。ドローン、自動運転車、ビルの水とエネルギーの使用量を減らすテクノロジー、巨大なスポーツ複合施設、多くの緑地などが導入される。

引用元:Business insider Japan

うさみ

マニラは確かに雨が降ればすぐに洪水になってしまったり、世界で最も渋滞している都市No.1にランク付けされたりと、いろいろ問題があるもんね。

この都市構想がうまく行けばいいな〜。もっと便利なところになるだろうな

と、現在も成長を続けるフィリピンで考えているうさみです。

フィリピンのアンヘレスはナイトスポットとして有名

そんなクラーク国際空港のあるアンヘレス。

実はフィリピンきってのナイトスポットとしても有名なのです。

うさみ、教えてもらうまで知りませんでした。まぁ確かに女性からすると縁遠い部分があります。

でもさ、なんか、こう、好奇心ってない?

うさみ

別にあんまり女性に興味なくっても、中がどんなふうになっているのかとかって知りたくない?あれ?うさみだけ?

ということで、GoGoBar(ゴーゴーバー)に一人で行ってきちゃったよ!

次回:ゴーゴーバーを見てみたい

更新済みです!お楽しみに☺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です