2018年7月から免税のルール変更!一時帰国中ドンキホーテで免税で全額免税にならなかったから問い合わせてみた。

日本に一時帰国中、ルンルンでドンキホーテ免税で約13,000円分お買い物をしたうさみ。

前回のドン・キホーテで免税でお買い物、手続きをした時のお話はこちら

Taxfree-in-Don-Quijote【一時帰国中】免税で買い物で節約上手!ドン・キホーテならクーポンでさらにお得

でも、レシートを見てみるとなぜか一部免除されていない…。なぜ?

観光庁のホームページを見てみても、2018年7月からはルールが変わり、 一般物品+消耗品の合算5000円以上で免税を受けることができるようになっています

あれ…?どういうこと?

店頭でスタッフさんに聞いたけれど詳しいことはわからない。どうしよう?

ドン・キホーテのお問い合わせ窓口にメールしてみた

email

ドン・キホーテで買い物をしたその日の夜に、ドンキホーテにメールで問い合わせをしてみました。

だけど、その次の日からは3連休。

年中無休で営業しているから返事はくるかな?と思ったけれど返事は来ず。

平日まで待ってみたけど、やっぱり返事は来ませんでした。

うーん。気になるのになー。

ドン・キホーテのお問い合わせ窓口に電話してみた

smartphone

お問い合わせフォームを見てみると、なんとフリーダイヤルで電話できるではありませんか!

よし、電話で問い合わせてみよう!

ということで、 ドンキホーテのお問合せ窓口に電話をしてみました。

プルルル プルルル……
お電話ありがとうございますドンキホーテグループ、コールセンターです。

スマホ

自動音声が流れてコールセンターに繋がるのを待ちます。

電話回線が混雑している場合、コールセンターに繋がらずそのまま切れてしまうこともございます

スマホ

え!?どういうこと?と考えている間、約5秒後に本当に電話は切れてしまいました

うさみ

いきなり電話が切れた!

うそやん。もう一回かけてみよ!

と、もう一度電話をかけてみることに。

1回目と同じように自動音声が流れ、同じセリフを言った後に同じようにまた切れてしまいました

うさみ

これもしかして繋がらないやつ?

と思いもう一度かけてみたところ

自動音声が流れたその後、プルルル プルルル……とコールがなり無事にコールセンターのスタッフと話すことができました!

よかった!繋がらないのかと思った!

お電話ありがとうございます。ドンキホーテコールセンターです。

お姉さん

うさみ

よろしくお願いします。

2018年11月◯日にドンキホーテでお買い物しました。約13000円の買い物で一部免除にならず、一般物品のみの免税対象になっていたんです。

2018年7月からは一般物品と消耗品の合算で5000円以上の買い物であれば全額免税対象になると思うのですが、どうしてだったんでしょうか?

その時にスタッフさんに聞いてもわからないとのことだったので不思議に思い連絡させていただきました。

そうだったのに大変申し訳ございません。

お買い物していただいた店舗のものから詳しく連絡させていただきますので少々お待ちください。

お姉さん

コールセンターと会話した約5分後、買い物した店舗から電話が。

この度は申し訳ございませんでした。

スタッフへの教育が行き届いておらず、きちんと免税での手続きがきちんとできていませんでした

免税にする際に、再度商品をレジを通し、スタッフ側で消耗品と一般物品を手動で振り分ける作業が必要なのですが、その部分ができていなかったのが原因かと思います。

免税できていなかった金額を返金させていただきます。

大変ご足労おかけして申し訳ないのですが、返金には再度免税の手続きが必要になり、パスポートの確認が必要になります。

お手数おかけして申し訳ないのですが店舗に来ていただけないでしょうか。

店舗のお姉さん

ドン・キホーテのレジで免税分の消費税が返ってきた

簡単にまとめると、

  • 2018年7月から免税の制度変わっている、専用のパッキングをすることで一般物品と消耗品を合算して5000円(税別)以上の買い物で全額免税の対象になります。
  • 今回は、担当していただいたメジナスタッフさんが免税の手続きをちゃんとわかっていなかったみたい。
  • なので、一般物品のみが免税対象になって、消耗品は免税対象にならないというトラブルになってしまったようです。
  • 店頭にいけば差額は返金してもらえます。

レジには2名スタッフがいたのですが、なんせ田舎。きっと免税のレジの手続きに慣れていなかったのでしょう。

今回のわかったことは

  • 2018年7月から免税制度がかわった
  • 一般物品+消耗品=5000円(税抜き)以上で免税してもらえる
  • その際には一般物品も免税専用パッキングが必要
  • スタッフによっては免税手続きがちゃんと分かっていない人もいる
  • おかしいなっと思った時には聞いてみよう
  • その場でわからなかったら問い合わせもあり 

うさみは翌日にフィリピンに帰国することが決まっていて、時間の都合が合わず免税の再手続きは辞退しました。

スタッフさんも人間。誰だって間違えることもあるし、うさみもちゃんと免税の手続きのことを理解できてなかったからなー。

上手に免税するために、自分自身もきちんとルールを理解しておかないといけませんね!

ルールとうまく付き合って上手に免税でお買い物してくださいね!

非居住者は消費税が免税!海外居住者は免税店でお買い物をしよう!非居住者は消費税が免税!海外居住者は免税店でお買い物をしよう! 日本の非居住者が一時帰国時に免税で買い物する方法!店舗探しと購入から税関申告までプロセス公開日本へ一時帰国時に免税で買い物する方法!店舗探しと購入から税関申告までプロセス公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です