フィリピンの検疫カード(健康チェックカード)の書き方。見本付き

新型コロナウイルスの影響で、フィリピンへ入国できるのかどうか、フィリピンに滞在できるのかと心配されている方が多いです。

うさみも毎日、

  • 日本
  • フィリピン

のどちらのニュースもチェックしながら様子を伺っています。

現時点(2020/02/28)では、フィリピンが日本人を入国拒否したというニュースはありません。

現時点で入国拒否されているのは

  • 中国全域
  • 韓国の一部地域

です。

日本人はフィリピンへ入国できます。今の所。

今、パンデミックが心配される中、フィリピンの入国時の書類が1枚増えています。

それが検疫カード。

今回はこの検疫カードの書き方を記入例と一緒に紹介していきます。

フィリピンの健康チェックカード(検疫カード)の必要性

フィリピンに入国する際、アライバルカード(入国カード)というのを書きます。

その他に、近隣の状況によっては健康チェックカード(検疫カード)というものを書く必要もあります

これは、フィリピンに入国する際に、世界的流行(パンデミック)している感染症が流行している時もしくはそれに近い状況の場合、検疫カードを記入しなければなりません。

うさみ

うさみ自身始めてフィリピンに言ったのは2017年8月だったけど、その時点で検疫カードは配られませんでした。

2019年11月のフライトでもありませんでした。

ただ、2020年2月のフライトでは飛行機の中で配られました。

ただ、書いても回収されたりされなかったり。

まちまちです。

フィリピンと日本を行き来するようになって2年くらいだけど、2020年2月のフライトで初めてこの検疫カードを見ました。

フィリピンの健康チェックカード(検疫カード)の書き方(記入例)

  1. PassportNo.  自分のパスポートナンバーを記入
  2. Family Name  姓をローマ字で記入
  3. First Name   名をローマ字で記入
  4. Middle Name  無ければ空欄でOK
  5. Nationality    国籍を記入 例:Japanese
  6. Sex      性別にチェック
    Male:男性 Female:女性
  7. Birthday    生年月日を 月 日 年の順に記入 例:12-31-1990
  8. Date Arrived   到着日を 月 日 年の順に記入  例:2-29-2020
  9.  [Passenger]にチェック
  10. Flight number  フライトナンバーを記入
  11. Seat No.   自分が座っていた座席の番号
  12. ホテル名や滞在先名
  13. ホテル・滞在先の住所
  14. フィリピンの携帯番号 無ければ空欄でOK
  15. 過去30日間に訪問した国
    ない場合は「Japan」と記入
  16. 過去30日間に病気をしたことがあるか?
    「No」にチェック
  17. パスポートと同じ本人の署名を記入

健康チェックカード(検疫カード)を渡すタイミング

健康チェックカード(検疫カード)を渡すタイミングは入国審査よりも前です。

検疫官に渡します。

ただ、場合によっては入国審査官にわたすこともあるようなので状況に応じて対応してください。

うさみ

なぜか回収されないこともあるよ。

せっかく頑張って書いたのに〜

SIMカードの事前購入もオススメ

こういういつもと違う状況の時って、どういうことが起こるのか予想もつかないこともあります。

空港内のSIMカードを売っているお店が閉まる可能性だってあります。

実はフィリピンのSIMカードは日本国内でも購入可能。

もし、心配であれば日本で事前に購入しておくこともオススメです。

値段もめっちゃ高くはないし、フィリピンに到着して買えないよりは断然安心。

フィリピンのGlobeシム
こういうSIM+プリペイドカードのセットもあるのでいいですね!

フィリピンのニュースをいち早く仕入れるなら

ちなみに、フィリピンのニュースはやっぱりフィリピン国内の放送局の英語・タガログ語ソースのものを見るのが一番はやい。

今フィリピンは、日本への旅行を禁止にするか審議されていて、日本への経済的ダメージが日に日に大きくなるのをヒシヒシと感じています。

フィリピンも経済的ダメージは大きいだろうけど自国民を守ることを最優先に決定している印象。

いいな〜。

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です