日本に帰りたい!海外で日本に帰国したくなる10の理由と私が実際にした7つの対処法

日本に帰りたい。海外赴任者、駐在員、海外赴任者、その奥さんがなりがち

現在フィリピンに住んでいる うさみ(@usamilife)です。

日本に帰りたい。日本へ行きたい。今すぐ。でも、そういうわけにも行かないし。どうしたらいいの。でも、帰りたい。

そう思って検索してきっとこのページにたどりついたあなた。

うさみもほんの数週間前日本に帰りたすぎて「日本へ帰りたい」とググりました。なのですごーーーーく気持ちがわかります。

日本へ帰りたいという気持ちが溢れて止まらないあなたに、うさみが実際に「日本へ帰りたい」となった時にやって効果があった対処法をお伝えしていきます

日本に帰りたくなる理由

日本に帰りたくなる理由は人それぞれ様々あります。だいたい10つの理由から帰りたくなるのかなと思います。

あなたはいくつ当てはまりますか?

  • 現地での生活が耐えられなくなった
  • 食生活が合わず、辛くなった
  • 文化が根本的に合わない
  • 人間関係が辛くなった
  • 夫婦の関係が悪化した
  • 人種差別を受けた
  • 頑張ることができなくなった
  • 病気になった・病気の疑いがある、治療をしたい
  • 日本で大切な人が病気・ケガ・亡くなった
  • 結婚や出産がきっかけで日本に里心がついた
1つ当てはまる
しんどいですよね(>_<) 日本に帰りたい気持ち凄くわかります。

自分の中で帰りたくなった理由が明確になったので、その理由を解決してみませんか? それを解決することで少しでも帰りたい気持ちが軽減されるかも。

2〜6こ当てはまる
要注意。考え方がネガティブな方向にいってしまいがちです。ストレス発散できる方法をするのがオススメ!
7〜10こ当てはまる
そんな方はうさみはすぐにでも帰国したほうがいいと思います。

今の気持ちでその国にいるとメンタルをやられてしまう可能性大。振り切れない理由もあるかもしれませんが、自分の心の健康だって大事です。

何もしていないのにハラハラと泣いてしまうような方、無自覚かもしれませんが相当しんどくなってしまっていることに気がついてください。

ちなみに、うさみがとてつもなく帰りたくなった理由は

  • 現地での生活が耐えられなくなった
  • 食生活が合わず、辛くなった
  • 頑張ることができなくなった
  • 病気になった・病気の疑いがある、治療をしたい

でした。4つでも超辛かった(;_;)

うさみはVISAの申請中でパスポートを代理店にあずけてしまっていて帰るに帰れない。VISAはいつ申請が完了してパスポートが返ってくるのかわからない。そんな状況でした

自分自身で「◯◯を達成したら一時帰国しよう!」と予定も組めない、そんな状況がより一層帰りたい気持ちを加速させました。

そんなうさみがした7つの対処法!

日本に帰りたい時の7つの対処法

うさみが試した対処法はこの7つ

  • 日本に帰りたいと旦那・友達・親に言う
  • 日本の友達・親とだらだらLINE・Skypeする
  • 日本食材を買って食べる・日本食を作って食べる
  • わがままに1日過ごしてみる
  • 「◯◯したら◯◯できる」目標を決めて実行する
  • 日本に帰るスケジュールを考えて妄想する
  • 日本に一時帰国して気持ちを立て直す

日本に帰りたいと旦那・友達・親に言う

思っていることって実は言葉にして出さないと伝わらないことがほとんど。

『日本に帰りたい』と心の中で念じていても周りの人はそのことがわからないのでどうすることもできません。それならいっそのこと「日本へ帰りたい」と声に出してみましょう!

言葉にするだけでスッキリすることもあります。

そして、その言葉を聞いた人が一緒に「◯◯したらどうかな?」「ここのスケジュールならまとめて休めるから帰れるんじゃないかな?」など一緒に考えてくれます。

うさみ

うさみは旦那さんに、「日本へ帰りたい」と伝えました。ただただ日本へ帰りたい泣くばかりだったら「どうしようもないよ」と言われるだけでした。

ですが、「こういう理由があって、日本へ帰りたい」と言うと一緒に帰るスケジュールや息抜きに付き合ってくれました

なぜ、どうして帰りたいのか、というのも上のチェックリストを元に伝えてみるのがいいと思います。

日本の友達・親とだらだらLINE・Skypeする

これも効果的!話している間は日本にいるのとほぼほぼ変わりません。まるで日本!

LINEやSkypeは国をまたいでいても通話料は無料。国際電話のように高額な通話料金はかかりません。いい時代になりました。

テレビ電話や複数通話もできるので、一番いい通話方法を試してみてください。

日本食材を買って食べる・日本食を作って食べる

食文化が合わない、という理由の人に最も効果的なのはこの方法!

  • ちょっとお高くても日本食レストランで好きなものを食べる
  • 日本のお菓子を食べたいだけ食べる
  • 自分の好きなものを料理して作る

これをするだけで気持ちはリフレッシュ。

「ちょっと値段が高いから…」といって我慢は禁物です。食べたいものを食べましょう。

料理をする時は手に入らない食材もあって難しいかもしれませんが、上手に作ることができた時はめっちゃ嬉しいです。

うさみ

うさみはフィリピンでトンカツ作って、カツ丼にして日本のお米を高いけど買って、という贅沢をつくしました。

確かに炊飯器はちゃっちいし、みりんはないし、で味は日本で作るより劣りますが、食べたいものを食べれるのはすっごく幸せ

料理ができると食べたいものを作れるのがいいですよね。

わがままに1日過ごしてみる

わがままに、というと悪いことをしているように聞こえるかもしれません。でも、これはとっても大事なこと!

普段気を使いすぎな人はわがままは言いづらいかもしれません。でも!今日くらい散財してもいいや〜、くらいの気持ちでいっぱいお買い物をするのもオススメ。

うさみはスパに行ってマッサージをしてもらうのがすごくリフレッシュになりました。

  • 今、どうしたいのか
  • 何をしたいのか

もわからなくなってくるといよいよヤバイ状態。そうなる前に、ほんとわがまま言ってください。

「◯◯したら◯◯できる」目標を決めて実行する

海外でいる方は特に。目標があるか、ないかで生活のメリハリも凄く変わってきます。

この目標はどんな小さなことでもいいと思います。

「1単語覚えたらチョコレート食べよう」「このレッスン終わったらお昼寝しよう」

こんなレベルでいいです。もう少しレベルをステップアップしていくとしたら

「娘が◯歳になったら日本に行こう」「◯◯できるようになったら日本食レストラン行こう」などなど

些細なことですがそれを達成できることが自分の中の自信にもつながります。小さな成功体験を積み重ねてください。

日本に帰るスケジュールを考えて妄想する

これはちょっと向き不向きがあるかもしれません。

  • 自分の中で気持ちに区切りをつけれてスッキリする人
  • 帰れないという気持ちが加速して余計に辛くなる人

のパターン。

その国での仕事が忙しい人、スケジュールをなかなか決めることができない人、判断力がある人、なんかは向いているかも。

スケジュールとにらめっこして「あかんやーん」と諦めることができたり「日本に帰ったら〜」と妄想で楽しめる人にはとっても効果的です

うさみはダメでした。笑

うさみ

妄想力はあるほうなうさみ。でも考えすぎて、それができないことが辛くなってしまいました。

TwitterやInstagramで友達がカフェに行って美味しそうなものを食べているのを見て羨ましくなったり。なかなか複雑ですよね。

日本に一時帰国して気持ちを立て直す

なんだかんだ言って、これが一番効果的です。日本に帰れる!となった瞬間からその日を目標に毎日頑張ることだってできる!

そして、日本に帰って気持ちを立て直すのがとっても大事

いわば心の準備です。心の準備ができないまままた海外へ行くと同じように「日本に帰りたい」という気持ちが湧き出てきます。

そのくらい、日本での生活って快適に感じます。特に一時帰国では嬉しい気持ちが大きくて日本の嫌なところが見えづらくなりやすいです。

どうして海外へ戻るのか、日本の食材を持って帰ろう、など自分の中で次の生活の楽しみをお土産に一時帰国を終わることができるようにしましょう。

うさみ

うさみは日本の食材をいーっぱい買いだめして持っていけるだけお土産にしました。

特に調味料、お菓子。クックパーとか簡単に作れます系は海外にあまりないので困ってたので!

オススメのお土産をまた紹介しますね!

日本に帰りたい時のまとめ

日本に帰りたい、そう思うほど日本って実はいい国。母国ってやっぱり大事ですね。

うさみは日本を出るまでは日本があまり好きではありませんでした(主に政治・経済的な理由で)

だけど今は日本が大好きです。言葉が通じてコミュニケーションは簡単に取れるし、交通の便はとてもいいし、ほしいものはすぐに手に入る。

いいところと悪いとことは表裏一体。

日本に帰ると「◯◯はこんなにいいところだったな」ともなります。笑

結局は常にないものねだりなのかもしれません。それならいいとこ取りをしてわがままに生きるのも手です。

日本に帰りたい!となった時は今の自分の置かれている状況と自分の気持ちをしっかり考えて、周りの手助けも借りながら一番ベストな行動をしたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です