【注意】フィリピンのマニラ・マカティで寸借詐欺にあいました。状況・時間帯・実際に言われたこと【治安】

【注意】フィリピンのマニラ・マカティで寸借詐欺にあいました。状況・時間帯・実際に言われたこと【治安】

こんにちは!フィリピン、マニラのマカティに住んでいるうさみ(@usamilife)です!

昨日(2019/05/13)の夜、友達の見送りのために、家から大通りまで歩いていたところ、急にヨーロピアン(に見える)おじさんに声をかけられました。

当時の状況をわかりやすいように4コマにしました。

このことを、Twitterでツイートしてみると、なんと有名な寸借詐欺らしいです。

しかも同じようにフィリピンに住む人達から、他にも似たような被害をたくさん教えてくださいました。

うさみのように被害に遭わないためにも、詳しく寸借詐欺を知って予防してくださいね!

マカティで寸借詐欺(?)にあった

フィリピンで寸借詐欺の被害にあった

それは夜の9時頃。

友達がブラカン州に帰るので、お見送りに家からマカティAveまでトコトコ歩いていました。

大通りであるMakati Aveからは2本ほど中に入った通りで、人通りはまばら。祝日だったこともあって、この付近に住む人達くらいしか歩いていない感じ。

「電車の時間大丈夫かな?」と話をしていると、すれ違った人に

Hey guys!

と、突然声をかけられました。

全然予想していなかったので、かなりびっくりした。

振り返ると…

  • おじさん(推定40代)
  • 子ども(推定6歳)

が。親子…?かな?という感じ。

顔の雰囲気からはヨーロピアンっぽい。

おじさんがまくしたてるように話しをしてきて、英語のスピードが早かったのでうさみはタジタジ。(友達は英語できる)

話は要約するとこうでした。

「スービックからの帰りのバスでバックを切られてスマホも財布も取られてしまった。

今からBGCまで帰らなくちゃいけない。子ども連れて。

どうか、助けてくれないか。少しでいいから恵んでほしい。」

この話を聞いて

  • え!ほんまに?
  • 確かに今から子連れで歩いては怖いよなぁ
  • ここまでどうやって来たんや
  • スービックから到着してBGCまで行くんだったらなんでこんなとこ歩いてるの?
  • 友達の電車の終電の時間大丈夫かな

という様々な思いが交差してうさみの頭の中はいっぱいいっぱい。

でも、実際に切られたカバンもある

おじさんは懇願という感じの表情ではなくって、どちらかというと焦り?急いでる?必死?な雰囲気でした。

子供は我関せずで、ぼーっとおじさんの方を見ているだけ。

実際にバスでカバンを切られて財布を取られて、10kmほど歩いたことのある友達が哀れんで

「少し渡そうか、50ペソ札ある?」と聞いてきて(友達は500ペソ札しか持ってなかった)

うさみが持っていた100ペソ札を渡しました。

※100ペソ(約220円)

おじさんは「Thank you」と言って、うさみたちも終電が気がかりだったので足早に立ち去りました。

寸借詐欺とは

この話をTwitterにあげてみたところ、フォロワーさんに

と教えてもらいました。

結構有名な詐欺らしい。びっくり!

こういった詐欺を寸借詐欺といいます。

寸借詐欺(すんしゃくさぎ)とは、「財布を落とした」「交通費を忘れた」などとうそをつき、相手の善意につけ込んで、金銭をだまし取る行為のことをいいます。

「財布を落として帰りの電車賃がない」などと申し出ると、心優しい人であればきっとお金を貸してくれるでしょう。しかし、もしあなたにお金を返す気がなかったら、これは『寸尺詐欺』という犯罪にあたります。

引用元:刑事事件弁護士ナビ

日本人旅行者が国外で被害に遭うケースも多く報告されており、中には日本円で300万円を騙し取られた例もある。

引用元:Wikipedia

似たような被害が続々とあがる

この話をシェアした後、いくつかフィリピンで似たようなケースの話がありました。

かなり、いろんな方が教えてくださったので、こういう話はどこにでもあるんですね。

ただ、この寸借詐欺の難しさは、ほんとに困ってる人もいるし、詐欺師もいるということ。

うさみ

ほんとに困っていた場合、見放すのはかなり可愛そうですよね。

マニラ・BGCでの話

マニラ・空港のオーストラリア人による詐欺被害

マニラ・オルティガスでの話

マカティスクエア付近での話

寸借詐欺にあわないために

この寸借詐欺は、

  • 本当に困っている人
  • 詐欺師

もいるというところが判断の難しいところ。

うさみ

うさみは、本当に困っているんだったら助けてあげたいと思うし、詐欺だったらお金は渡したくないです。

本当に困っている人のためにも、善意につけこんだ詐欺は辞めて欲しいですよね。。

助けたくても助けれなくなっちゃう。疑いたくないのに疑ってしまう。

なるほど、こういう予防方法があるのか!と思ったのがハセガワさんからの話。

連絡先の交換と、写真の撮影は有効そう。

連絡先の交換が嫌なら、写真撮影だけでもよさそう。詐欺師だったらそれだけでも嫌がるもんね。

フィリピンのマニラ・マカティの治安

フィリピンのマニラ・マカティは、治安の良い地域として有名です。

日本でいうと新宿のようなエリアで、ザ・ビジネス街。

マカティにはたくさんのビルが立ち並び、昼間はビジネスマンで溢れ買っています。一昔前のフィリピンのイメージとはかけ離れた場所です。

治安も良くて、夜12時でも白人系のランナーさんが走っているの何度も見たことがあります。

夜も人通りも結構多く、300m圏内くらいのコンビニへの買い物とかだったら、うさみ夫婦二人でに買い物に行っても全然大丈夫そう。

ただし、あくまでもフィリピンのマニラマカティだけの話です。

そんなマカティであったこの話。

みなさんからの話を聞いていると、どちらかというと外国人をターゲットにした詐欺のように思います。

マカティやBGCは外国人が多いエリアなので特に気をつけたほうがいいかもしれません。

また、こんなマカティでも、たまにホールドアップがあったという話も聞くので注意はもちろん必要です。夜に出歩かないことに越したことはありません。

今回も金額は、日本人からすれば大したことない金額ですが、現地のフィリピン人からすれば大金です。

【フィリピンの給料】フィリピン人の最低賃金はいくら?時給?日給?月収は?どうやって仕事を探すの?

あくまでも自分は

  • 外国人であること
  • 治安は日本より悪いこと
  • お金持ちと思われやすいこと
  • 危険だと思った時は命が優先

を忘れずに、危ないことはせずに安全に海外で過ごしたいです!

【最新版!フィリピンの治安】危険?実際にマニラとセブに住んだ私が実態を暴露します【最新版フィリピンの治安2019】危険?1年間マニラとセブに住んだ私が実態を暴露します

生命があってなんぼの人生。

今回は100ペソで、誰かを助けれたかもしれないし、詐欺だったのかもしれない。

できたらほんとに助けることができていたらいいな。

ホープくん

Karma(カルマ)には、悪いカルマもあれば、良いカルマもあるんだよ。ちゃんとこういうことわざがあるんだよ。

今回僕らは良いことをしたからまた巡ってきて良いことがあるさ。

たぶん、因果応報や渡る世間に鬼はなしとか、そういうことわざのことだろうな。

何事もポジティブに!楽しくフィリピンライフを送っていきたいです😊

3 Comments

Fish

ターゲットとなる層が違うと思うのですが、より一般庶民が乗るディビソリア行きのジープニーで、前の席のおじさんがフィリピン語で「あっ、ポケットを切られた! ~~なのにベインテしかない! 」と慌てて、誰かに電話をしたりしたのです。すると回りの席の女性が、4人も20ペソずつ渡してあげていました。 私は『これは明らかにウソなのは判る。だが、どうして金をあげるのだろう。』と思っていました。そこでジープニーからおりたあとで女性の1人に尋ねたのです。「あれはウソですよね。どうしてお金をあげたのですか。よろしかったら教えていただけますか。」と言ったら、「これは慈悲(mercy)です。電話もかけるふりをしているだけだと判りましたよ。」とのことでした。  タイプは異なると思うのですが、何か文化としてのカトリックと関係がありそうに思うのですが。

返信する
Fish

すみません、先ほどのコメントの最後の文が誤解を起こさせてしまうと思いますので、書き直します。
「文化としてのカトリックを、都合よく解釈したり、利用したりしているのでしょうか。」
というような意味あいでした。先ほどの文では、まるで詐欺を肯定しているような感じになってしまいましたので。

返信する
usami

はじめまして!
コメントありがとうございます。

うさみ自身がカトリック教徒ではないのでキリスト教の考えに詳しくないので憶測でしかありませんが、
キリストの教えの中に施しを与えるという考えがあったと記憶しています。
そういうところからきているんじゃないかな…?と予想しています。

「貧しい者をあわれむ者は主に貸すのだ、その施しは主が償われる。」(口語訳 箴言19: 17)
引用元:http://www.minami-machida-church.com/kyoukaikennkinn.html

ジプニーの中での出来事は、詐欺を肯定するというよりも、宗教の信仰からきているのかなっとうさみは思いました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です