マニラ・セブで使えるバイクタクシーアプリ、Angkasが便利すぎる件。Habal Habal(ハバルハバル)より安全?

マニラ・セブで使えるバイクタクシーアプリ、Angkasが便利すぎる件。Habal Habal(ハバルハバル)より安全?

フィリピン、マニラのマカティに住んでいるうさみ(@usamilife)です!

先日、ついに初めてAngkas(アンカス)でバイクタクシーを利用しました。

もうこれがちょーーーーー快適!

もうこの感動を分かち合いたいので今回はAngkasの利用方法&感想をブログにします。

  • フィリピンのバイクタクシーってどうなの?
  • Angkasを利用してみたい
  • 安全面は心配ないの?

と気になる人、必読。

フィリピン(マニラ・セブ)のバイクタクシー

フィリピンのバイクタクシー

フィリピンの中でもマニラやセブなどの都市部ではバイクタクシーを見つけることができます。

ちなみに田舎では見かけないので、バイクタクシーはないんだと思います。

フリーであちこちにいるバイクタクシーをHabal Habal(ハバルハバル)といいます。

目的地までの料金はドライバーとの交渉性。たいてい外国人はびっくりするような料金をふっかけられます。

なのでドライバーとの交渉と、相場を知っておくことがとても大切。

普通のドライバーと、ハバルハバルの見分け方は

  1. 予備のヘルメットを持っている
  2. 近くに寄ってきてハバルハバルと言われる
  3. ハバルハバルが集まっているポイントである

お、バイタクかな?と思ったら「ハバルハバル?」とドライバーに聞いてみるのもいいでしょう。

でも、ハバルハバルは無許可で運営されている商売。

ドライバーは、素性の知れないワイルドドライバー。

迷える子羊

  • 連れ去られないかな?
  • ボッタクリされないかな?
  • 事故らないかな?
っと安全面ではかなり心配な移動手段です。

でも、昨今のマニラ・セブの渋滞は本当にひどい。タクシーやGrabで移動すると2kmの距離に1時間かかったりすることも。

背に腹は代えられない…とバイタクを選びたくなることもあります。

バイクタクシーアプリ、Angkas(アンカス)とは

AngkasのLogo

そんな時に大活躍してくれるのがこのアプリ、Angkas(アンカス)です。

Angkasは、Grab(配車アプリ)のバイクバージョンと言ったところでしょうか。

  1. アプリをダウンロードし
  2. 出発地・目的地を設定
  3. 料金を確認し
  4. ドライバーを予約する

というだけで、あなた専用のバイクドライバーを予約することができるんです。

ヘルメットの用意はいりません。

ドライバーがきちんと用意してくれていてフルフェイスのヘルメットを貸してくれます。

ドライバーを予約したら、きちんとドライバーが出発地に来るまでの待ち時間も出ます。

待ち時間は今のところ3分〜15分くらいの待ち時間のイメージ。

Grabだとこの待ち時間が渋滞によって表示時間と大きく異なる(5分て書いてたのに20分かかったり)することもあるのですが、Angkasは待ち時間のギャップが少ないです。

むしろ、表示時間より早いこともあったり。素晴らしい〜。

雨の日でも使えるAngkas、アメニティもいろいろ

迷える子羊

でも、フィリピンは雨季も多いし。雨が降ったらバイクでの移動なんてできないんじゃないの?

いえいえ、そんなことありません。

Angkasは24時間年中無休で利用することができます。働き者だ〜。

晴れの日も、曇の日も、雨の日でも利用することができます。

ちなみにAngkasでは希望をすればアメニティーもくれます。

  • 使い捨てマスク
  • 使い捨てヘアキャップ

フィリピンの道は排気ガスがすごいのでマスクは必須。持っていなかったらドライバー言ってにもらうのがいいですね。

そして、共有のヘルメットを使うのが嫌という人のために使い捨てヘアキャップを用意しているドライバーもいます。

Angkasのカッパ

そして、雨の日には欠かせない

  • カッパ

を貸してくれるのです。

うさみ

Angkasのドライバーさんは「日本人はカッパを嫌がるんだ〜」と言ってました。なんでだろ?雨の日のバイクが嫌なのかな?

Angkasのドライバーはどんな人?安全性は?

Habal Habal(ハバルハバル)というフリーのバイタクのドライバーは、あまりいい印象がないうさみ。

  • 高圧的
  • 運転が雑
  • ボッタクリばかり

 

などなど、あんまりいい噂を聞いていないからというのもあるかも。

Angkasのドライバーは

  • カッパを着るのを手助けしてくれたり
  • バイクに乗るまでの身支度を積極的に手伝ってくれたり
  • 準備を待ってくれたり
  • お釣りもきちんとくれたり

と、とても親切です。

料金は予約をした時点で決まっているので、外国人だからと言ってボッタクリをされる心配もありません。

運転の仕方もとても丁寧

  • 路面状況をよく見ている
  • 地面の出っ張りなどにかなり慎重
  • 乗客の安全面を気にしてくれる(危ないからつかまっててとか)
  • めちゃくちゃなスピードで走ったりしない

と、かなり好印象でジェントルです。

ちなみに、すでに何度もAngkasを利用していますが、どのドライバーもジェントルです。

女性一人で乗っていますが安心してハンドルを任すことができます。

Angkasの落とし穴

ただ、Angkasには1点落とし穴があります。

それは…

Google play store・Apple storeが所在国・日本の設定のままだとアプリをダウンロードできないということ!

Angkas

Grabはダウンロードできるのに!

なんで!!

とにかく、Angkasは所在国をフィリピンに変更しないと、アプリをダウンロードすることができません。

Angkasのアプリをダウンロードする方法は

  1. フィリピンの友達にAngkasを毎回予約してもらう
  2. 今利用しているアカウントをフィリピンに変更する
  3. 別アカウントを作って、国をフィリピンで設定する

の3つの方法があります。

フィリピンの友達に変わりに予約してもらう

この方法だと、アプリをダウンロードせずに利用することができます。

友達は「全然Okayだよ!」と言ってはくれるものの迷惑になるので気が進みません(うさみも最初はそうしてたけど)

今利用しているアカウントをフィリピンに変更する

Google play storeの設定から所在国を変更することができます。

ですが、Google play storeの所在国は変更すると1年変更できないという注意書きも。

留学などでの短期滞在だと、なかなか気が進みませんよね。

でも、1年たたずに変更できたという人もいます。

別アカウントを作って、国をフィリピンで設定する

うさみがとった手段はこれ。

というのも、もともと他にGoogleアカウントを持っていたのでそれをフィリピン用に変更しました。

今のところ、今まであったアプリが消えてしまうなどのトラブルもなく順調につかえています。

マニラやセブでAngkasを利用してみよう

Angkasはフィリピンの渋滞事情をものともせずに移動できる最高の手段。

ただ、バイクに2人乗りになるので、そういう意味では車より危ないです。

海外旅行保険には入って、もしくは海外旅行保険付帯のクレジットカードを利用し、

しっかりとドライバーにつかまって、ドライバーの邪魔にならないようにのっておくのが大切です。

うさみ

バイクの2人乗りってドライバーはバランスとるの大変だからね。

あと、ヘルメット同士がコンコンぶつかったり、ドライバーのほうにお尻がずり落ちないようにしよう、というのは心がけています。

Google Play で手に入れよう

フィリピンのマニラやセブでの渋滞は本当に大変です。時間のロスが大きくて嫌気が指すほど。

フィリピンでの移動手段の1つにAngkasを追加しておくと、選択肢が増えてフィリピンライフがより一層充実します。

あなたのフィリピンライフが楽しいものになりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です