クラーク(アンヘレス)からマニラへの行き方(帰り方)なら直通のP2Pバスが一番便利!バスの運賃、乗り場・降り場・時刻表・スケジュールを解説。

クラーク(アンヘレス)からマニラへの行き方(帰り方)なら直通のP2Pバスが一番便利!バスの運賃、乗り場・降り場・時刻表・スケジュールを解説。

うさみ(@usamilife)です!

前回はフィリピンのマニラからクラークへ便利で簡単な直通P2Pバスを紹介しました。

これ、実はクラーク・アンヘレス→マニラ国際空港へ直通のP2Pバスも運行しているんです。

クラーク・アンヘレスから「マニラへ行きたい!帰りたい!」という方に超オススメ!

P2PというのはPoint to Pointの略。ポイント(クラーク)からポイント(マニラ)まで直通という意味です。

迷ってた子羊

じゃぁ、ちょっと足を伸ばしてアンヘレスで遊んでも、気軽にマニラへ帰れるってことだね!

という初心者にとっては「どれってどこ?どうやっていくの?」という超難しいバス移動。

ですが、クラーク・アンヘレス⇔マニラの直通P2Pバスならラクラクです。ほんとに〜

クラーク国際空港・SMクラークから乗車OK&マニラ国際空港以外のマニラでも降車OK!

今回は、 そんなクラーク・アンヘレス→マニラへ直通のP2Pバスの乗車場所・行き方(帰り方)を、地図や画像付きでわかりやすく解説していきます。

クラーク・アンヘレスからP2Pバスに乗車できる場所

クラーク・アンヘレスからマニラへ直通P2Pバスへ乗車できる場所は2箇所あります。

  • SMクラーク
    連絡先番号:+ 63 933 852 6762、+ 63 933 852 6771
  • クラーク国際空港
    連絡先番号:+ 63 933 852 7677、+ 63 933 852 6812

SMクラーク

アンヘレス市内からマニラ国際空港へ行きたいのならここからP2Pバスに乗るのが便利です。

クラーク国際空港

クラーク国際空港から直接マニラ国際空港へ行きたいのならここからP2Pバスに乗るのが便利です。

クラーク国際空港は小さくてシンプルな空港。

バス乗り場も到着ゲートを出てすぐのところにあります。ただし、常にバスが止まっているわけではありません。

近くの警備員や空港スタッフに「P2Pバスに乗りたい」と伝えるのが確実にバスを見つけることができる方法です。

マニラで降車できる場所

マニラのバス降車場所は結構たくさんあります。下に地図も載せていきます。

目的に合った場所で降りるのがいいですね!念の為、バスに乗る前には目的の場所で降りることができるのか運転手に確認しておくといいです。

バスの場所はこちら。

  • NAIA 3:到着ターミナルのベイ14。
    乗車・降車OK

    NAIA 3でのバスの連絡先番号:+ 63 933 852 7687、+ 63 933 852 7669
  • NAIA 2:到着ターミナルのベイ20
    降車のみ
  • NAIA 1:出発ターミナル
    降車のみ
  • ロビンソンズギャレリア(オルティガス):私道EDSA側。
    乗車・降車OK
  • Trinoma:EDSA沿いのP2Pターミナル、MRT北駅、SM Northの近く
    乗車・降車OK

    Trinomaでのバスの連絡先番号:+ 63 933 852 6813、+ 63 933 852 7675

NAIA 3:到着ターミナルのベイ14

到着ターミナル側にて降車できます。

マニラ国際空港の到着ゲートの外にでて、1番右端の場所です。

NAIA 2:到着ターミナルのベイ2

到着ターミナル側にて降車できます。

NAIA 1:出発ターミナル

こちらも降車のみです。NAIA1ターミナルは国際線がたくさん出ているので、ここで降りれるのは便利ですよね!

ロビンソンズギャレリア(オルティガス)

ロビンソン ギャレリアでもバスの乗車、降車が可能です。

ただし、うさみはここから行ったことがないので、ギャレリアの中のどこに到着するのか詳しくありません💦

Trinoma(タリノマ)

いろんな場所へ行くバンがたくさん集まるこのターミナル、P2Pバスのターミナルにもなっています。

MRTの駅がすぐ近くにあるので、電車を利用する場合は便利な場所です。

このP2Pバス、クラーク国際空港のターミナルから直接バスに乗れるのが最大のメリットです。

バスの運賃はもちろん定額。

空港から少し離れたバスターミナルまでの移動のために、タクシーの運転手に「ぼったくられた…」ということだってありません。

クラーク・アンヘレスからマニラまでのバスの運賃

バスの運賃はどこから乗るのかによって異なります。

マニラ市内へ行きたい場合は、終点のマニラ国際空港まで行かずに、Trinomaで降車するのがオススメです。MRTという電車が使えて便利です。

クラーク国際空港・アンヘレスからのバスの運賃
  • クラーク国際空港→NAIA 1/2/3:380ペソ(約740円)
  • クラーク国際空港→Trinoma:280ペソ(約620円)
  • SMクラーク→NAIA 1/2/3:380ペソ(約740円)
  • SMクラーク→Trinoma:280ペソ(約620円)
  • ロビンソンズギャレリア(オルティガス):不明

クラーク国際空港からの時刻表・スケジュール

クラーク・アンヘレスの時刻表は2種類あります。

  • クラーク国際空港発
  • SMクラーク発

出発地点が違うので気をつけてください。

クラーク国際空港→ロビンソンギャレリア経由→マニラ国際空港NAIA 3ターミナル行き

午前1時30分〜午後11時まで、ほぼ24時間で運行しています。

約1時間に1本のペースでバスは運行しています。

1番左のTIMEの欄が、クラーク国際空港から出発する時刻表です。

料金は一部変更になっているので上で紹介した380ペソのほうが正しいです。ちょっと値上がりしたみたい。

クラーク国際空港→Trinoma(タリノマ)行き

午前4時30分〜午後9時まで、1〜2時間に1本のペースで運行しています。

1番左のTIMEの欄が、クラーク国際空港から出発する時刻表です。

こちらも料金は一部変更になっているので上で紹介した280ペソのほうが正しいです。ちょっと値上がりしたみたい。

SMクラーク→ロビンソンギャレリア経由→マニラ国際空港NAIA 3ターミナル行き

午前2時〜午後11時30分まで、1〜1時間半に1本のペースで運行しています。

1番左のTIMEの欄が、SMクラークから出発する時刻表です。

こちらも料金は一部変更になっているので上で紹介した380ペソのほうが正しいです。ちょっと値上がりしたみたい。

SMクラーク→Trinoma(タリノマ)行き

午前5時〜午後9時30分まで、1〜1時間半に1本のペースで運行しています。

1番左のTIMEの欄が、SMクラークから出発する時刻表です。

こちらも料金は一部変更になっているので上で紹介した280ペソのほうが正しいです。

マニラ市内へ行くならこのTrinoma行きがMRTの近くの駅終点なので便利です。

マニラからクラークまでの運行スケジュールは英語なのでちょっと分かりにくいかもしれません。

ですが、書いている単語さえわかれば、何が書いているのかきちんとわかるものになっています。

P2Pバスを使えばフィリピンのマニラからクラークへの行き方は、ほんとに簡単!

ぜひ、クラーク・アンヘレスからマニラへ行く時に利用してみてください!

マニラへ直通のP2Pバスを利用する際の注意点

ただ、フィリピンでバスを使う際に気をつけてほしいことが5つあります。

  • 出発時間に出発しない
  • 渋滞で予定通りの時刻に到着しない
  • 乗車・降車地以外でも乗り降りする
  • マニラまで4時間以上かかることも
  • 出発フライト時間のギリギリの予定でバスを利用しない

これは、P2Pバスだけの問題ではないのですが、フィリピンでは”フィリピンタイム”と言われるくらい時間が守られないことのほうがほとんどです。

バスは乗客がいっぱいにならないまで出発せず、予定時間の1時半遅れで出発する、なんてこともあります。

また、マニラの市内へ行けば行くほど渋滞はひどくなります。

なんて言ったてマニラは世界一渋滞する都市と言われているほど!

飛行機の出発時間に間に合わない…!なんてことになってしまっては大変。

リードタイムはかな〜り余裕を持って行動しましょう。

その他のクラーク・アンヘレスからマニラの行き方はこちらでも紹介しています。

クラーク国際空港からSMクラーク、ダウ(DAU)ターミナルへ行く3つの方法。ジプニー、タクシーの値段は?

うさみが1人でアンヘレスのゴーゴーバーへ突撃した話も4コママンガにしているのでぜひ読んでみてくださいね〜。

フィリピンのアンヘレス(クラーク)へ女性一人旅。フィールズ通りのGo GoBar(ゴーゴーバー)へ行ってきた。その1フィリピンのアンヘレス(クラーク)へ女性一人旅。フィールズ通りのGo Go Bar(ゴーゴーバー)へ行ってきた。その1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です