【マニラ近場の観光】フィリピンのタガイタイへタクシーで行くと◯◯ペソ!マニラからは2時間!

フィリピン、マニラのマカティに住んでいるうさみ(@usamilife)です!

マニラ観光に飽きちゃったんだけど、近場でどこかいいところない?

と聞かれたら一番最初にオススメするのが、「タガイタイ」です。

フィリピンの避暑地として有名なタガイタイは、日本でいうところの軽井沢。

ただのスターバックスがこの絶景になってしまうタガイタイ!

タガイタイにあるタール湖を望める景色に癒やされ、ゆっくりのんびりするのに最適な場所です。

ただ、そんなタガイタイへ行こうと思うと…公共の交通手段はバスのみ。

しかも、バスのルートによっては3時間半〜4時間以上かかってしまうこともザラにあります。

そして…アクセルとブレーキがかなりキツイ&渋滞&お客さんの乗り降りでしょっちゅう止まるのトリプルパンチで車酔いしてしまうことも…。

ぴよこ

もっとスムーズにタガイタイへ行きたい!

多少高くてもいいからもっとプライベートな空間で移動したい!

という人にオススメなのがタクシーでの移動です。

今回はタガイタイへ

  • タクシーで行くといくらなの?
  • 何時間くらいかかるの?

というのを実際にタクシーで移動した友達の話を元にお伝えしていきます!

フィリピンのタガイタイへの行き方

タガイタイの湖

じつは、マニラって観光にはあんまり適していないとうさみは思っています。

セブのようにキレイな海はないし、リゾート的なスポットも乏しいです。

日本からきてわざわざマニラでブランド物の買い物をするのもちょっと違うと思うし…。

フィリピンならでは!みたいな楽しみ方をするのにはちょっと物足りないんです。

そこでオススメなのがタガイタイ。

マニラのお金持ちもここに別荘を持っているくらい素敵な場所で、観光でも、ちょっと週末にゆっくりするのにももってこいの場所です。

タガイタイへの行き方は

  • 公共のバスを利用する
  • レンタカーを借りる
  • タクシー(またはGrab)で行く

の3種類の方法があります。

公共のバスを利用する

公共のバスを利用する場合のタガイタイへの行き方はこちらの記事で詳しく解説しています。

  • 費用:片道 260ペソ/1人
  • 所要時間(マカティから):3時間半〜4時間

関連記事>>【行き方】マニラからタガイタイへ!バスでの行き方・乗り場を写真付きで解説します!

レンタカーを借りる

レンタカーを借りてタガイタイへ行く場合の行き方は、こちらの記事で詳しく解説しています。

地方への行き方となっているけれど、タガイタイ行きでも応用できるのでお試しください!

  • 費用:片道 5000ペソ/1台
  • 所要時間(マカティから):2時間〜3時間

関連記事>>【初心者・日本語OK】フィリピン・マニラから地方に行きたい!田舎への行き方・3つの方法

タクシー(またはGrab)で行く

今回、詳しく紹介していくのがタクシーでタクシーへ行く方法。

これが結構ありなんじゃないかな?と思います。特に、2〜4人で移動する場合、一人頭で考えると結構お得に移動できると思います。

  • 費用:片道 3000〜4000ペソ/1台
  • 所要時間(マカティから):2時間〜3時間

1.タガイタイへ行くタクシーを捕まえよう

タクシーでタガイタイへ行く場合、一番最初に必要なのが

タガイタイまで行くタクシーを探す

ということ。

方法は2つあります。

  1. 街なかを走っているタクシーを止めて、交渉をする
  2. Grabタクシーで予約する

Grab

初心者でも簡単なのが、Grabタクシーで予約する方法です。

Grab Carを予約するのと同じように、目的をタガイタイに設定し、Grab Taxiを予約するだけ。

「タガイタイまで行ってもいいよ」というドライバーがあなたの予約に応えてくれます。

街なかタクシーを交渉するのばボッタクリの可能性もあってなかなか難易度が高いです。

2.タクシーにのってタガイタイへ行くと値段は?

タクシーが捕まれば、後はタクシーに乗ってタガイタイへ行くだけです。

Grab Taxiの場合はメーターで移動。

メーターの場合だいたい片道:3000ペソ〜3500ペソ(6600円〜7700円)。

渋滞しているともう少し高くなるかもしれません。

こうして考えるとやっぱりフィリピンはタクシーでの移動の値段がかなりお安いですよね。

タクシーの値段は1台あたりです。

ドライバーを抜いて、4人までタクシーに乗車可能。

もし4人で移動した場合は1人あたり750ペソ(約1650円)程度で移動できる計算です。

うさみの友人は、タクシーでタガイタイ⇔マカティで

行き道:3200ペソ

帰り道:3000ペソ

お昼の12時にマカティを出て、2時すぎにタガイタイに到着していました。

めっちゃ早い〜!うさみがバスで行ったときは同じ時間帯でも4時間かかったよ…。

しかもドアtoドア。めっちゃ楽ちん。

タクシー移動の最大のメリット

タガイタイのバナナ

タクシーでタガイタイへ行く最大のメリットは

時間の節約になる

ということです。

確かに公共のバスで行くよりもちょっとお高いかもしれません。

ですが、旅行や観光で最も大切なのは時間。

大切な旅行や観光のための時間が移動時間で終わってしまうとか…もったいなくて仕方ありません。

しかも、公共のバスと違っていたるところで止まったりしないので、車酔いの防止になったり、『さっさと走ってー』とイライラしなくてすみます。

降りる場所も自分が本当に降りたいところまで行ってもらえるのはありがたいですよね。

フィリピンで生活をしていると、渋滞の問題や移動の時間のかかり方が異常で本当に困ってしまう場面がたくさんあります。

うさみ

特にうさみにとっては「いかに早く」「近道はどこ?」と最短経路&最短時間で移動するのが大好きなので、フィリピンは試練の地です。

海外にいるとうまくいかないこともたくさんありますが、先人の知恵を頼ることでスムーズにことが進むこともたくさんあります。

しなくてもいい苦労ならできるだけ避けて、楽しいフィリピンでの過ごし方をできるようにしていきたいですね!

関連記事>>【行き方】マニラからタガイタイへ!バスでの行き方・乗り場を写真付きで解説します!

関連記事>>【初心者・日本語OK】フィリピン・マニラから地方に行きたい!田舎への行き方・3つの方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です