【マニラのラーメン】マニラで1番美味しいと噂の麺処(Mendokoro)の場所、メニュー、値段と味は?

フィリピンのマニラは実はラーメンの激戦区って知っていましたか?

Googleマップ上で「Ramen(ラーメン)」とアルファベットで入力

検索ボタンを押してみましょう。

すると…なんと、こんなにラーメンのお店が出てきます!

うさみが日本で拠点としている和歌山より確実に多いです。

和歌山もラーメン屋は多いけど、やっぱりここまでたくさんラーメン屋はないです。知ってる限りでは10km圏内に5件くらいかな?

今回はそんなマニラのマカティで「一番美味しい!」と言われている、「Mendokoro(麺処)」のラーメンを食べてきました。

Mendokoro(麺処)の場所、メニュー、値段 などを詳しく紹介していきます。

マニラはラーメン激戦区

フィリピン、マニラのラーメンMendokoro(麺処)の担々麺

ラーメン激戦区であるマニラ。

実は数年前と比べると、日本食には困らないくらい日本食レストランが増えています。

日本からのチェーン店の飲食店も進出してきていたり、個人での出店も多いです。

日本人がお店には携わっておらず、韓国人や中国人オーナーの「これは日本食じゃない…」というような日本食のお店も時々あったりしますが、きちんと日本人シェフが厨房に立ち調理をしているお店も珍しくありません。

今までは 日本食レストラン=和食のイメージ が多かったですが、ここ最近店舗をどんどん増やしているのがラーメン店!

ラーメンは、一時期世界的にもブームになった料理の1つ。

ここ、フィリピンでも流行の兆し(むしろ流行ってる)があります。

一風堂やラーメン凪など、日本でも有名な店もどんどん店舗を増やしています。

フィリピンの大きなモールには一風堂やラーメンの日が入っていて、お客さんもたくさん入っています。

フィリピンの物価からするとかなりお高いと思うんですが、その人気は滞ることを知りません。

【フィリピンの一風堂】マニラで日本のラーメンが堪能できる!一風堂の価格と場所はここ【フィリピンの一風堂】マニラで日本のラーメンが堪能できる!一風堂の価格と場所はここ

人気店には長蛇の列

そして、ラーメンというカテゴリーのお店の中でも、「美味しい!」と噂の人気店には長蛇の列が絶えません。

うさみ

海外ってあんまり並ばないイメージがあったんだけど、フィリピンは結構、待つ人が多いイメージ。日常生活の中で”待つ”というシーンが多いから慣れてるのかも。

今回紹介するMendokoro(麺処)も、そんな行列ができるお店の1つ。

夕飯時の夜6時を過ぎると、必ず順番待ちのお客さんが出て、行列になっています。

しかもこれ、土日平日関係なくです。

一番客さんの多い20時前後の時間帯に行くと、並んで、待って、食べて。お店に着いてから食べてお店を出てくるまで一時間半かかることもあります。

だってお客さんが20人待ちの行列になっていることもザラ。

それぐらい人気のラーメン店なんです。

フィリピン、マニラのラーメンMendokoro(麺処)の客層

客層は、

  1. 中国人
  2. 韓国人
  3. フィリピン人
  4. 日本人

の順で多い所感かな。外国人×フィリピン人のカップルも多いです。主なお客さんはマニラで働いているであろう、中国人が多い印象。日本人は意外と少ないです。

マニラ・マカティの麺処(Mendokoro)の場所

マカティの麺処の場所は、マニラのマカティにあります。

一方通行が多い場所で、さらに少し裏路地に入ったところにあります。

最初はわかりにくいかもしれませんが、一度行くと客さんがたくさんいるのですぐ分かります!

マップで見るとこんな場所。

グーグルマップではどちらのストリート側にあるのかわかりにくいです。

Soliman(ソリマン)ストリート沿い、東向きに一方通行のストリート沿いにお店があります。

うさみ’

初めて行った時は、お店の裏側のストリート(L.P. Leviste)にいて『セブンイレブンしかないやん!』となりました。

セブンイレブンのすぐとなりのコンドミニアムの通路を通してもらうことができて、道をショートカットしてお店にいきました。

コンドミニアムの中を通してもらう時は、コンシェルジュの方のIDカードを使ってもらう必要があります。「ラーメン屋に行きたいんだけど…」と、コンシェルジュの人たちにお願いしたら通してもらえました。

店舗はマカティだけでなく、BGCにもあります。こちらはまだ行ったことないですが行ってみたいな!

マニラ・マカティの麺処(Mendokoro)のメニュー

フィリピン、マニラのラーメンMendokoro(麺処)のメニューと値段

麺処のメニューはこちら

  • オーソドックスのとんこつ(塩味):370ペソ(約820円)
  • とんこつ+醤油:400ペソ(約880円)
  • 担々麺:420ペソ(約940円)
  • 味噌:440ペソ(約970円)

その他にもつけ麺やまぜそばもあり、他のお客さんをみていると、この2つも人気のようでよく売れていました。

フィリピン、マニラのラーメンMendokoro(麺処)の豚骨醤油ラーメン

麺処のラーメンは久留米ラーメンのようなクリーミーなスープが特徴

辛いものが好きになら、担々麺が人気な印象。

フィリピン、マニラのラーメンMendokoro(麺処)の注文方法

注文は先払い、食券のような感じで行列に並ぶ前、席に着席する前にレジでオーダーをします。

このMendokoro(麺処)で実は、ラーメン以外にもオススメでおいしいのが餃子です。

  • 3コ:150ペソ(330円)
  • 5コ:200ペソ(440円)

一つあたり100円とかなり割高な印象がありますが、フィリピンで1番おいしい餃子と言っても過言がないくらいおいしいです!

うさみ

個人的には、日本で食べる餃子の王将の餃子より美味しいとうさみは思っています。

機会があって、お金に余裕があれば、ぜひ一度は食べてみてくださいね!

マニラ・マカティの麺処(Mendokoro)の系列店

このMendokoro(麺処)は、マニラの南側に位置するアラバンということろにある優勝軒というお店の系列店らしいです。

優勝軒の方が本店でこちらのMendokoro(麺処)は姉妹店のような感じ。

優勝軒の方には唐揚げや、チャーハンといったサブメニューもあるらしく、これがなかなか美味しいのだとか!

ぜひ、アラバンに用事のある人一度は行ってみてください。そして味の感想聞かせてくれたら嬉しいです。

フィリピンでの食生活が充実したものになりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です