フィリピン女一人旅。治安は?持ち物は?フィリピンの定番リゾート、観光地といえば。

フィリピン女一人旅の服装・持ち物

日本からたった4〜5時間で行くことができる、話題の南の島、フィリピン。

フィリピンの中でもセブ島がダントツで人気で、旅行会社のパンフレットを見ると『セブ島!』とデカデカと書かれたツアーがたくさん組まれています。

  • でも、自分で旅先を決めたい!
  • バックパッカー的な旅にチャレンジしたい。
  • 英語の実力を試してみたい。
  • 南国気分を味わいたい。

という人にオススメしたい国。

まだ日本ではあまり知られていないリゾートもたくさん!

最近したフィリピンの一人旅の記録もしていきます。

日本⇔フィリピンの航空券は激安

フィリピンは日本のお隣の国

ぴよこ

週末に予算5万円くらいでサクッと海外旅行できないかな〜

そんな人にオススメなのがフィリピン。

時期や出発の都市、到着の都市によりますがLCC(格安航空会社)で片道 5000円〜2万円くらいでフィリピンに行くことができます。

しかも片道のフライト時間は4〜5時間と激近。

それもそのはず、日本から見て南のお隣の国はフィリピンなんです。

安い航空券の時期を狙って、ホテルも自分で選んで〜とすると意外と低予算でフィリピンで遊ぶことができます。

物価が安い国で、マリンアクティビティやシュノーケリングも日本でするより安く楽しむことができます。

セブ・フィリピン留学や観光で捨てチケットを買うよりも、オプションをつけるほうが圧倒的にお得な理由。セブ・フィリピン留学や観光で捨てチケットを買うよりも、オプションをつけるほうが圧倒的にお得な理由。

フィリピンの有名な観光地はセブ島やマニラ

フィリピンの観光、といえばマニラ・セブ島が有名。

【最新版!フィリピンの治安】危険?実際にマニラとセブに住んだ私が実態を暴露します

マニラ自体はさすが首都!めっちゃ都会です。スラムをイメージしているような方だと、フィリピンのイメージが覆る人もいるくらい。

  • ショッピングを楽しみたい人
  • カフェ巡りが好きな人
  • 都会で異国の空気を味わいたい人

という方にもオススメです。

逆に言うと、

  • 自然を満喫したい人
  • ビーチやマリンスポーツを楽しみたい人

という方にとってマニラはちょっと物足りません。

うさみライフinセブ島

そういう方はセブ島がオススメ

The 南の島☆ という空気感を味わうことができます。

  • 充実のマリンアクティビティ
  • 溢れる自然
  • 漂う異国感
  • フレンドリーな現地の人たち

セブシティの方は都会なところもあり、カフェ巡りやスパ巡りなんかも楽しめます。

でも、フィリピンの定番の観光地となると、日本人が結構います。

フィリピンの一人旅、治安は大丈夫?

フィリピンの空、ココナッツ、ヤシの木

そんなフィリピンにはまだまだ日本で知名度が高くない、穴場リゾートがたくさんあります。

そして、意外と一人旅でも行くことができる!

 フィリピンは治安が悪いイメージが先行していましたが、最近は改善されて治安もどんどん良くなってきています。

もちろん、海外なので日本と同じようにいきません。

マニラやセブの治安は日本に比べるともちろん悪いです。むしろ日本が良すぎるんです。アメリカでも夜に一人歩きできる地域は限られています。

フィリピンでもエリアによって、治安良い場所もありますし、悪い場所もあります。

マニラだとマカティ市・BGCは超都会。夜に一人歩きをしても大丈夫と言われているくらいです。

セブ島もITパーク周辺はとても綺麗になっていて、日本人の方も多く住んでいます。

うさみ

うさみも、フィリピン生活歴1年になりましたが、特に身の危険を感じるような場面はいまだかつてありません。

ニュースとして怖いニュースを聞きますがそういったものは、金銭のトラブルであったり、治安の悪い地域にいたということがほとんど。

ただ、女性一人旅の場合は特に、ナメられる可能性があるので安全対策をバッチリして、安全な地域にしか行かないようにするのがベストだと思います。

最近のニュースでは有名な観光地で女性が一人でトライシクルでホテルまで送って行ってもらったところ、暴行を受けたというニュースもありました。

観光地として名高いパラワン州エルニドで、トライシクル運転手が観光客に乱暴し逮捕されました。

逮捕されたのは39歳のトラシクル運転手の男で、21歳のアイルランド人観光客に乱暴した疑い。

https://internet.blogmura.com/facebook/

警察の調べによると女性は、友人2人と一緒にパーティーに参加したあと、宿泊先のホテルに向かうため、男が運転するトライシクルを利用しました。

友人とは宿泊先が別だったそうです。

午前4時ごろにホテルに到着した際に、男は酔った女性に部屋まで行くのを助けると申し出ました。

しかし男は女性を暗い路地に連れ込み乱暴を働きました。

引用元:フィリピンのニュースあれこれ

油断禁物です。

このニュースを見たフィリピン人の友達の一言目は

「この人、殺されなかっただけマシだね。たいてい殺されちゃうもんね。」

でした。こわ。

注意するポイント
  • リュックサックやカバンは前に持つ
  • いかにもお金持ちそうな服装はしない
  • 高価なアクセサリーはしない
  • スマホを出しっぱなしにしない
  • ポケットに財布・スマホをいれっぱなしにしない
  • 道端でお金を数えない
  • ブランド物の財布を使わない

基本では「お金持ち〜」といったような服装、行動は厳禁。なるべく現地に溶け込む格好がいいです。

街を歩く時はのフィリピン人もカバンは常に前にしている人もいるくらい。

そんなフィリピン、こういった安全面に気をつけてさえいれば女性でも旅が出来るようになってきました。嬉しいです !

フィリピンの治安、気をつけることなど詳しくはこちら

【最新版!フィリピンの治安】危険?実際にマニラとセブに住んだ私が実態を暴露します【最新版フィリピンの治安2019】危険?1年間マニラとセブに住んだ私が実態を暴露します

フィリピンの一人旅での持ち物は?

うさみはバックパッカー的な貧乏旅行(節約旅行)が好きです。

移動手段はやすーく済まして、現地でアクティビティやそこでしかできない体験にお金を使うほうが好き。

そんなうさみ、たいてい普通のリュックサック1つでどこでも行っちゃいます。

フィリピン女一人旅の服装・持ち物

今回の1人旅で持って行ったのはたったこれだけ。

  • パスポート
  • スマホ
  • 防水ケース(スマホ用・現地調達可)
  • 2日分の衣類(Tシャツ2枚、マキシ丈ワンピース、薄手のカーディガン、ストール、短パン1枚、下着2組)
  • 水着
  • ラッシュガード
  • ビーチサンダル(現地調達可)
  • サングラス(現地調達可)
  • 日焼け止め
  • ウォータープルーフの日焼け止め
  • 虫除けスプレー
  • 財布
  • お出かけ用のカバン

これをリュックサックに詰めて行きました。

虫除けスプレーはこれが個人的にオススメ。100ml以下なので飛行機の手荷物でも持ち運びOK!他のスプレーだったらブッスブスに蚊にやられるうさみ旦那でもこのスプレーしておくと全然刺されないので、愛用してます。

日焼け止めは安心のANESSA。ウォータープルーフの日焼け止めを付けておかないと、海で泳いだら一瞬で取れます。

うさみ、今回の一人旅で背中が真っ黒になってしまいショック…(一人で背中は塗れなかった)

一人旅してるときにかなり重宝するのが、ウエストポーチ。

スマホも入るサイズで、お金も一緒にいれておいたらこれで防犯はほぼ完璧!

ハンドバッグは可愛いけれど、スリの可能性が…。安全には気をつけたいからね。

最近はスポーツ用のカッコ可愛い系のウエストポーチ・ランナーポーチがたくさん種類出ているので結構おしゃれとしても使えます。

総重量はだいたい5〜6kgくらいです。割と現地調達できるものもあるので、そういうものは持っていかず買ったほうが楽ちんです。

フィリピンで実際に女一人旅をしてみた!


うさみは現在フィリピンに住んでいます。旦那さんとの2人暮らし。

でも、マニラ北部のブラカン州という田舎の方に住んでいて、海やビーチなんて近くにありません。

せっかくフィリピンに住んでるんだから綺麗な海やビーチに行きたい!

と思いつつ、なかなかできないまま1年。そう、この1年せっかくフィリピンにいながら海に行っていない!!!

今回旦那のは出張中に、意を決して一人旅へ行ってきました。

元々ビビリなうさみは、近所の買い物行く時でさえ友達についてきてもらったり、旦那さんについてきてもらったりと、2人以上の行動を心がけています。

海外で日本人ひとりぼっち、しかも女性って何があるか怖い気がして。

でもある程度慣れてきて、どう注意すればいいかもわかってきました。

ということで今回、チャレンジした一人旅。

マニラからバスとフェリーで行ける穴場リゾート、プエルトガレラへ行ってきました!

でも、もし1人が怖い!というなら素直にツアーで行ったほうが安全に、安心して楽しむことができます。


無理せず、心から楽しみましょう〜!

次は2泊3日女性一人旅の旅行記を詳しく書いていきます!

フィリピン女一人旅。マニラから気軽に行けるリゾート、プエルトガレラで3泊4日の旅!1日目フィリピン女一人旅。マニラから気軽に行けるリゾート、プエルトガレラで3泊4日の旅!1日目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です