日本からフィリピンに荷物・書類を送る発送方法。送料の価格と日数を比べてみた。

日本からフィリピンに荷物・書類を送る発送方法。送料の価格と日数を比べてみた。

フィリピンでの生活に慣れてくると、

ぴよこ

あれ?これ持ってきたはずなのに!

あれ持ってきたらよかったな

あちゃーあの重要な書類持ってき忘れちゃった…

など、日本にある必要なものに気づくようになります。

必要だけどだからといって、わざわざ日本へ帰るのは現実的ではないし。

  • 仕事を休まないといけない
  • 金銭的な問題で行けない
  • 体力がそこまでない

などなど、わざわざ行くのはちょっと…。

そういう時に便利なのが、海外輸送サービスです。

いわば、国をまたいだ郵便・宅配便!日本に行かなくても、必要なものを送ってもらえば良いんです。

今回はフィリピンに荷物・書類を送りたい!○日くらいで送りたいんだけど…という方のために、フィリピンへ送るための海外郵便の知識をシェアします。

日本→フィリピンに荷物を送る方法

国際宅配便のFedex

日本からフィリピンに荷物を送る方法は海外郵便サービスです。

海外郵便サービスには大きく分けて 2種類

  • 追跡番号がありのもの
  • 追跡番号がなしのもの

追跡番号ありのものは、その分料金が高いですが荷物がどこにあるのか把握できるし、日数も早く届きます。

重要な書類・早くほしいものは追跡番号ありがオススメ。

【追跡番号あり】の発送方法

  • EMS
    郵便局から発送可能
  • DHL
    DHLにて発送可能(電話での事前申請が必要)
  • Fedex
    Fedexにて発送可能(電話での事前申請が必要)
  • 航空便(AIR)
    郵便局から発送可能
  • エコノミー航空便(SAL)
    郵便局から発送可能

【追跡番号なし】の発送方法

  • 船便
    郵便局から発送可能

この他にも様々な会社が海外発送のサービスを展開しています。

フィリピン向けにコンテナ配送とかをしている方も知っているので、気になる場合はお問い合わせからご連絡ください。

日本→フィリピンに荷物を送った時の日数と価格

国際宅配便のDHL

日本からフィリピンに荷物を送る場合、

  • 日数:地域により異なる
    マニラの一部地域はめっちゃ早くて2日とかで届きます。
  • 価格:重さにより異なる

となります。

今回は、

  • 発送地:東京・日本
  • 宛先:セブのマクタン島
  • 重さ:5kg
  • サイズ:60サイズ

の荷物を送った場合で価格と日数を検証してみます。

ちなみに、スキー板や釣り竿など、大きすぎる・長過ぎるものは上記の発送方法では発送できないので気をつけてね!

【追跡番号あり】

  • EMS
    日数:2日(マニラの一部地域)
    日数:9日(それ以外の地域、でも実質3〜5日で届くことがほとんど)
    価格:6300円
  • DHL
    日数:1〜2日
    価格:26,755円
  • Fedex
    日数:2〜3日
    価格:19,388円
  • 航空便(AIR)
    日数:10日
    価格:4850円
  • エコノミー航空便(SAL)
    日数:2〜3週間
    価格:4200円

お互いにビジネスで利用(法人同士)ならクロネコヤマトの国際宅配便も利用できるのですが、どちらかが一方でも個人だった場合、利用することはできません。

今後のサービス拡大に期待です!

【追跡番号なし】

  • 船便
    日数:2〜3ヶ月
    価格:2800円

その他のサイズ、重量、料金、会社を調べるのであれば、送料の虎を利用するのが1番楽ちんでした。

昔、ヤフオクを使う時によくお世話になったサイト。懐かしい〜。

海外発送の方法を上手に比較して会社を選ぼう

街中の国際宅配便のDHL

今回は、うさみが実際に「日本に忘れてきちゃった○○がほしい!」となって親に送ってもらったことがきっかけに値段と日数を調べていました。

フィリピンに送るなら、DHLとFedexは「早くて、確実」という声はよく聞きますが、手続きが大変。

見積もりを取ってもらったり、電話でごちゃごちゃ手続きをしないといけません。

個人利用ならコンビニの数ほどある郵便局から発送のできるEMS、航空便(AIR)、エコノミー(SAL)が現実的かなと思いました。

次回はEMSをフィリピンで受け取る方法を詳しく紹介します!

うさみが住んでいるのはフィリピンのブラカン州なので郵便局に取りに行かないといけません。セブとかも一緒。

マニラの一部地域ではドアtoドアで荷物をお届けしてくれるらしいです。しかも2日で届くとか!うらやまし〜。

郵便局に取りに行くのは大変そう…と思いかもしれません。ですが、そんなことありません。

めっちゃ簡単だったのでチャレンジしてみてくださいね!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です