【フィリピン・マニラ】カルティマールマーケットの豆腐屋!日本と同じ豆腐が買える。詳しい場所、経路を解説。

うさみ(@usamilife)です!

フィリピンでTAHOの存在を知った時は「フィリピンにも豆腐の文化があるんや!」「豆腐が手に入りやすいんじゃない!?」ということ。

ですが、日本と同じような豆腐を探してみると、あんまりしっくりくるものが見つからない…。

今回、カルティマールマーケットの豆腐屋さんで素敵な豆腐を発見したので情報をシェアします!

フィリピンで豆腐といえばTAHO

【フィリピンのローカルフード】タホ(Taho)って何?食べてみた。熱くて美味しい甘い豆腐だった。

フィリピンで豆腐と言うと、たいていの人は「TAHO(タホ)でしょ」と答えます。

タホはフィリピンの朝ご飯的存在。

朝になるとよく「タホ〜!」と言って、タホ売りのおじさんが街中でタホを売り歩いています。

フィリピンのタホ

柔らかい豆腐と黒蜜、タピオカ(たぶん)をミックスしたもの。

甘い食べ物で、どちらかとういと日本人が想像する豆腐からはかなりかけ離れた食べ物です。

スイーツ感覚で、ご飯向きではありません。

ローカルマーケットにも豆腐は売っていますが、とても固い豆腐。日本の木綿豆腐の比ではありません。

積み木遊びができそうなぐらい硬いです。

日本と同じような木綿豆腐や絹豆腐が食べたいと思っても、見つけるのはなかなか至難の業。

筒状の豆腐や、紙パックに入った豆腐がスーパーマーケットに売られていたりしますが若干味が違ったり。

日本と同じ豆腐を食べたい!と思っても、買える場所を知らないとなかなか大変です。

うさみ

うさみは一時期タホを”黒蜜、タピオカ抜き”で購入して水切りをし、自分好みの豆腐にして食べていました。

カルティマールマーケットとは

カルティマールマーケットの入り口

そんな豆腐難民を救ってくれる場所が、カルティマールマーケット。

マニラにあるローカルマーケットであるカルティマールマーケット。

【マニラの観光】庶民の台所、カルティマールマーケットへ行ってみよう!場所、行き方、治安は?【マニラの観光】庶民の台所、カルティマールマーケットへ行こう!場所、営業時間、行き方、治安は?

地元のフィリピン人がもちろん、駐在員や移住者である韓国人や中国人、観光客などが利用する大きなマーケットです。

このマーケットで日本人に親しみ深い、木綿豆腐や絹豆腐を買うことができる豆腐屋さんがあるとの噂が!

しかもこの豆腐屋さんでは新鮮な豆乳の購入や、できたてほやほやのタホも食べることができるみたい。

豆腐屋さんの場所

カルティマールマーケットの駐車場から見た景色

豆腐屋さんはわかりやすい場所にあります。

カルティマールマーケットの入り口からパーキングエリア沿いにまっすぐ歩いてすぐ。

カルティマールマーケットの日本食材店

横には日本食材屋さん、韓国食材屋さんも並んでいてお買い物にピッタリの場所です。

地図で見るとこんな感じの場所

豆腐の値段

cof

カルティマールマーケットにある豆腐屋さんは”中華”という店名

店の中は冷房がしっかりと聞いていて、豆腐や豆乳が販売されているスペースの他に、イートインコーナーもあります。

できたてホヤホヤのタホを注文し、ここで食べることができます。

困った子羊

タホ、食べてみたいけど、街なかで売っているタホを注文するのは難しそう…

という方はここでチャレンジしてみるのがオススメです。

カルティマールマーケットの豆腐屋の棚

豆腐の種類は

  • Firm(日本の木綿)
  • Soft(中国の
  • Silk

があります。

値段は一丁あたり

一律53ペソ(約120円)※2019年4月現在

です。

賞味期限は購入した日の翌日になっていました。

うさみ

今回はSilkを購入してみました。Silkってことは絹豆腐だよね?

フィリピンで豆腐を買って食べてみた

カルティマールマーケットの豆腐屋の棚

カルティマールマーケットの豆腐屋、中華でSilkタイプの豆腐を購入したうさみ。

その日のうちに早速食べてみることにしました!

カルティマールマーケットの豆腐の実食

日本の絹豆腐よりも少し固めの印象。

特に表面の布のあとが残っている部分は木綿を思わせるような硬さ。

包丁を入れてみると、やっぱり日本で食べる絹豆腐よりは少し硬め。少し水切りした絹豆腐って感じ。

料理は麻婆豆腐にしてみました。

カルティマールマーケットの豆腐を麻婆豆腐

日本の絹豆腐よりも型くずれしにくく、麻婆豆腐にはピッタリの豆腐でした。

豆腐自体の味は今回、麻婆豆腐にしてしまったことで味わえていないので、また次回購入した時にお伝えします。

フィリピンで楽しく生活するために

カルティマールマーケットの野菜

フィリピンでも充実した生活をおくるためには食はとても大事!

日本人にとって日本食を食べれるか、っていうのは思っている以上に大切なことなんだと、海外へ出て・海外で生活をして初めて気が付きました。

マニラは日本食材が手に入りやすいのでいろんな料理を作ることができます。

日本食料理店も豊富にあります。

以前、ブラカン州に住んでいた時には味わえなかった体験。

そういう意味では食生活が充実するので都会での生活もかなり快適です。

セブシティエリアも日本食料理店が多いので同じような環境なんじゃないかな?

1日3回の楽しみである食事。丁寧に大切にしていきたいですね。

フィリピンでも充実した食生活ができることを応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です