【フィリピン・マニラ】カルティマールマーケットの日本人の魚屋でお刺身が買える!詳しい場所、経路、値段を解説。

【フィリピン・マニラ】カルティマールマーケットの日本人の魚屋でお刺身が買える!詳しい場所、経路、値段を解説。

うさみ(@usamilife)です!フィリピンでは自宅で刺し身を食べるというのはなかなか難しいです。

日本だとスーパーマーケットにお刺身やお寿司コーナーで簡単に買うことができますよね。

ですが、フィリピンのスーパーマーケットにはお寿司コーナーやお刺身コーナーがありません。

そもそもスーパーマーケットに、充実した魚コーナーが入っていることのほうが少ないです。

お魚コーナーがあったとしても、鮮度が悪そうな魚が少しだけ並んでいるぐらい。

冷凍コーナーに行けば冷凍の刺身や魚の切り身を買うことができますか、正直イマイチ美味しくありません。

今回はフィリピンのマニラでお刺身を買うことができると噂の、カルティマールマーケットの日本人が経営する魚屋さんに行ってきました!

  • 詳しい経路
  • 場所(写真付き)

の説明も一緒にしてきます!

フィリピンで刺し身を手に入れるのは困難

日本でいると

うさみ

あ!お刺身食べたい!お寿司食べたい!

と生魚を食べたいと思うと

  • スーパーマーケット
  • 居酒屋
  • お寿司屋

などで簡単に入手・食べることができます。

ところが、海外・フィリピンではそうはいきません。

うさみ

あ!お刺身食べたい!お寿司食べたい!

と思っても

  • 日本食料理屋が少ない
  • お寿司屋も少ない
  • スーパーの冷凍刺し身は激まず
  • 渋滞で遠出する気にならない
  • 日本食材屋の刺し身が売り切れることも
  • 新鮮な魚はローカルマーケットにしか売っていない(目利きも必要)
  • 刺し身は日本より高い(1.5〜3倍)

などというハードルがあります。

そう、フィリピンで生魚・刺し身を食べるのはかなりの贅沢なのです。

うさみ

でも、噂だとマニラのローカルマーケットにお刺身用の魚を売っているお魚屋さんがあるんだとか!

マニラのカルティマールマーケットとは

カルティマールマーケットの入り口マニラにあるローカルマーケットであるカルティマールマーケット。

【マニラの観光】庶民の台所、カルティマールマーケットへ行ってみよう!場所、行き方、治安は?【マニラの観光】庶民の台所、カルティマールマーケットへ行こう!場所、営業時間、行き方、治安は?

地元のフィリピン人がもちろん、駐在員や移住者である韓国人や中国人、観光客などが利用する大きなマーケットです。

このカルティマールマーケットに日本人が経営する魚屋さんがあるとの噂が!しかもこの魚屋さんお刺身が買えるって!

噂の日本人が経営する魚屋

カルティマールマーケットの日本人魚屋の入り口

フィリピンではめったに食べることのできないお刺身。

それがこの魚屋さんで魚を買うことに安全に安心して刺身を食べることができる。なんて素晴らしいんでしょう…!

ですがこの魚屋さん、詳しい場所を知らないままカルティマールマーケットに行っても、ほぼ100%見つけ出しことはできません。

なぜなら看板の出ていない魚屋さんなのです!

うさみ

うさみも迷子になって、付近のサリサリストアの人に聞いても「Go straight」と言う『絶対、あなた知らんやん…』みたいな適当な答えしかもらえませんでした。

なので、場所は事前に知っておいてから行くのが◎

この看板のない魚屋さんは、基本は卸業やっていて日本食材屋さんなどに刺身用の魚を卸しているそうです。

刺し身を買える日本人の経営する魚屋の場所は?

カルティマールマーケットの日本人魚屋のある場所

カルティマールマーケットに初めて行ったときには詳しい場所を知らなくって、見つけることができなかったこの噂の魚屋さん。

うさみ、今回改めて見つけ出すことができたので写真付きで紹介していきます。

場所は旧カルティマールマーケットの隣の通りに面しています。

通りの名前はMABOLO

地図上でいうとここ。

他の方のブログでバスケットボールが目印とあったのですが、現在はバスケットボールはありません。

なので目印がなく、通りの雰囲気もまさにローカルなのでちょっと不安になるかもしれませんが、大丈夫!

車通りが多いのでその点には十分気をつけてくださいね。

刺し身を買える日本人の経営する魚屋の詳しい経路

カルティマールマーケットの駐車場から見た景色

カルティマールマーケットの入り口からそのままパーキング沿いに歩いていきます。

まっすぐ歩いていくと、右手には

  • DARUMA
  • HACCHIN
  • ASAHI

という日本食材屋さんがあります。

そのまま突き当りに進み、突き当りを左に曲がります。

カルティマールマーケット

右手にはカルティマールマーケットの

  • フルーツ
  • 野菜

などが所狭しと売っているウェットマーケットエリアが。

現地のフィリピン人の人はウェットマーケット側に入っている魚屋さんで魚を買って、生で食べることもあるとかないとか。

カルティマールマーケットの日本人魚屋のある通り名

ウェットマーケットエリアの反対側、左手のすぐの通りを曲がります。

通りの名前はMABOLO

カルティマールマーケットの日本人魚屋の通りから見た風景

通りの入口から10mくらい(お店5件分くらい)の場所

カルティマールマーケットの日本人魚屋の場所

ここが、日本人が経営するお魚屋さんです。

外観は店の目の前にトラックや車が止まっていることが多く見えづらいこともしばしば。

実際に刺し身用の魚を買ってみた

カルティマールマーケットの日本人魚屋の魚

お店の中を写真を取らせていただいたので掲載します。(許可いただいています)

ちょうど、オーナーが日本から戻ったばかりだったようで店内は慌ただしく、商品整理に追われていました。

カルティマールマーケットの日本人魚屋のサーモン

そのさなか、念願のお刺身を買うことができました。

今回のお目当てはサーモン。

お魚の値段は時価で決まります。タイミングによっては値段が大きく変わることもあると思うのでご注意ください。

サーモン1kg:850ペソ

で、パック詰めになって冷凍されているものを選んで購入。

1パック382ペソでそのまま購入。

レシートももらえます。

カルティマールマーケットの日本人魚屋のマグロブロック

サーモンの他にも

  • マグロ
  • ウニ
  • 新鮮な魚

も販売されていました。

カルティマールマーケットの日本人魚屋のマグロ

まるまる大きなマグロがデーンっと置かれていてなかなかの迫力がありました。

切り分けられたマグロのブロックもあり、クオリティーもなかなか!美味しそう。

マグロも買っておけばよかった…。

サーモンは冷凍されているので、冷蔵庫の中で自然解凍しいただきました。

隠れた名店のカルティマールマーケットの魚屋さん

カルティマールマーケットの日本人魚屋の店内

カルティマールマーケットはローカルマーケットだけではなく、

日本食材屋やこういった魚屋さんなど、たくさん楽しいお店が集まる、食材の買い物好きにとっては最高の場所です。

もともとは卸売でやっていた刺身用魚の販売も、こうしてお店に直接伺うことで、個人でも購入できるのは本当に嬉しいです。

初めてローカルマーケットに行くと

お姉さん

大丈夫かな?安全かな?

なんて心配になるかもしれませんが、行ってみるととっても楽しいところです。

気をつけることはきちんと気をつけて、ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

2 Comments

batang_lolo

フィリピンにはマグロが上がる漁港が有名どころでは2箇所あります。両方ともミンダナオで、ひとつはミンダナオ島北部のカガヤン・デ・オロ(CDOとよく略記されます。ルソン北部のカガヤンとは別な場所。ちなみにパラニャーケはPQ、ケソン市はQC、ラスピニャスはLP、などなど)と、南部のヘネラル・サントス(General Santos)です。

私は在住でもなく、長くても滞在は数ヶ月程度なので日本食を食べたいと思うことはほとんどありませんが、マカティで日本料理を食すなら何年も某店ばかり、数年前からそれにもう一店別なところが加わりつつある、みたいな感じです。

おすすめ店ですが、ネット上に店名や場所を書くのは遠慮しときます(笑)

返信する
usami

詳細に教えてくださりありがとうございます!
マカティの日本料理店、めっちゃ気になります…✨
もしよかったらお問い合わせからメールで教えてください
非公開です!笑

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です