【フィリピンのローカルマーケット】どこにあるの?どんなところ?治安が心配?実際に行ってみた。

【フィリピンのローカルマーケット】どこにあるの?どんなところ?治安が心配?実際に行ってみた。

現在フィリピンに住んでいる うさみ(@usamilife)です!

フィリピンでの生活もはや10ヶ月。

生活コストは日本に居た時よりもずっと下がりました。

家賃は現地並みの場所に住めば毎月1万円以下。家賃ほんと選べば日本より圧倒的に安い。家さがしについてはまた後日ブログでレポートにします!

でも、毎月変動しながら、生活コストを圧迫するのは食費!

それは多分、スーパーやモールで食品を買っているから。現地人と同じようにローカルマーケットで買い物をすれば違うはず。

今までは治安が心配で一人で行っていなかったのですが、

今回、フィリピン人の友達がローカルマーケットに連れて行ってくれたので行ってみました。

ローカルマーケットってどこにあるの?

ローカルマーケットは現地の人の台所。

【フィリピンのローカルマーケット】どこにあるの?どんなところ?治安が心配?実際に行ってみた。

探してみるといろんなところにあります。

マニラだと、

キアポ周辺

マニラ・ベイサイド周辺

レバスピビレッジ周辺(日曜日のみ)

レガスピ・サンデー・マーケット(Legazpi Sunday Market)

マニラ・マカティで行われるサンデーマーケットです。マカティは外国人も多く、治安の心配も少ないエリア。

売られているものも、雑貨や小物、他国の食べ物など国際色豊かなマニラの様子を伺えます。

実際行ってきたので別記事でレポートします。

セブだと、

カルボンマーケット(コロンストリート)

語学学校によってへ行くことが禁止されていることもあるマーケットです。高価なものは身につけず、十分注意して行ってください。

マーケットに行かなくても野菜や米は道沿いのお店やローカルストアで売っているお店をたくさん見かけることができます。

現在、ボラカン州に住んでいるうさみ。

ボラカン地域にあるパレンケというローカルマーケットに友達が連れて行ってくれました。

ローカルマーケットってどんなところ

ローカルマーケットには様々なものが売っています。

うさみが行ったローカルマーケット・パレンケでは

  • 野菜
  • 果物
  • パン
  • ケーキ
  • 食器
  • お土産
  • 海賊版のDVD
  • おもちゃ
  • リサイクル品 などなど

ほんとに多種多様

ここに来ればある意味全てのものが揃います。まさに現地の人の台所。

野菜やフルーツ、肉、魚などは1つからでも購入が可能。

ほしい分だけの量を指定して量り売りで購入することができます。

ローカルマーケットの治安

ただし、ローカルマーケットで心配なのは治安。

ローカルマーケットは観光化されていないところがほとんど。

現地の人が生活のための買い物をしています。

特に午前中は人は多く、活気に溢れています。

うさみがフラフラ〜とローカルマーケットの中に入っていこうとしたところ、

フィリピン人友達

チョット待って、財布は?

うさみ

ん?ここだよ(ウエストポーチを指差す)

フィリピン人友達

Okay、ウエストポーチは服の下に隠しておきな、荷物があるほうを後ろにするんじゃなくて、前にするんだよ。スリがいたり、ストリートチルドレンでポケットに手を入れてくるからね。

あと、中では僕からはぐれないでね。どこでも良いから服をつかんでおいて。一人になっちゃうと何があるかわからないから。

うさみ

『えええ…ローカルマーケットってどんなところなんや…。』

実際にローカルマーケットに行ってみた

若干の不安を覚えながら友達にテコテコついていき、マーケットの中へ。

現地ではウエットマーケットと呼ばれている、その名の通り、ジメジメとしたマーケット。

人がとても多く、活気にあふれています。

価格はスーパーマーケットの半分〜3分の2程度

スーパーマーケットだったら5個で450円のオレンジがローカルマーケットだろ5個で300円とか。

肉類はここで捌くので、豚の顔面や、胴体の半分そのままなどが平気でおいています。こういうのが苦手な人は肉類のところはスルーするのがオススメです。

【フィリピンのローカルマーケット】どこにあるの?どんなところ?治安が心配?実際に行ってみた。

魚類は朝のうちは新鮮な魚を手に入れることができます。昼以降は傷んじゃうからオススメしないとのこと。

【フィリピンのローカルマーケット】どこにあるの?どんなところ?治安が心配?実際に行ってみた。

野菜類はスーパーマーケットよりも種類が多く、あちこちで売っています。

スーパーマーケットでは見つけることができなかった野菜もあったり。

基本全て量り売り。ほしい分だけを指定して、重さを測ってもらったり、個数でカウントしてお金を支払います。

【フィリピンのローカルマーケット】どこにあるの?どんなところ?治安が心配?実際に行ってみた。

活気が溢れている中に時々紛れ込んでくるのがストリートチルドレン

ものを買おうと財布を出すと、いつの間にかそばにいて、

  • 手の平を出してお金を要求してきたり
  • 腕を引っ張られたり します。

道端やストリートでお金を数えるのは厳禁。何があるかわかりません。

ローカルマーケットではお金は極力見せないようにしましょう。

うさみ

うさみはウエストポーチのお金は100ペソ札のみにして、合計500ペソ以下のお金を持っていきました。大きいお札のお金は他の人に見せるとスリのリスクが上がるので気をつけましょう。ストリートチルドレンにも気をつけてくださいね。

玉ねぎ、じゃがいも、生姜、にんにく、など欲しかったものを買って、ローカルマーケットでのショッピングはおしまい。

ウロウロしているとストリートチルドレンがどこまでもついてきてしまうので、その日はそそくさと退散しました。

ローカルマーケットを楽しむためために注意する5つのこと

ローカルマーケットは地元の人の生活エリア。

  • 高価なものは身につけない
    →ネックレスやピアスなどは引きちぎるとか。
  • お金は必要最小限だけ持っていく
    →500ペソもあれば十分必要なものが買えます。多くても1000ペソ
  • 道端でお金は数えない
    →スリやストリートチルドレンの被害に合いやすいです。
  • 服装は現地人と同じレベルの服装をする(Tシャツにビーチサンダルなど)
    →明らかに外国人な格好をしていると格好の餌食です。
  • 貴重品は手放さない
    →スマホをポケットに入れておくのも注意。貴重品はウエストポーチや握りしめておくなど十分注意してください。

生の肉や魚が売っているようなローカルマーケットは観光化されていないところがほとんどです。

その分、現地の生活に入り込めて楽しいんですが(>_<)

ボラカンは田舎なほうなのでストリートチルドレンはマニラに比べると少ないのですが、それでもローカルマーケットにいたります。

友達は、「あの子も望んでストリートチルドレンをしているんじゃないんだよ。親に捨てられてしまって。あの子達の存在はこの国の大きな問題だ。」と悲しそうに語っていました。

昔より治安がよくなりつつあるフィリピン。

これからももっといい方向に向かっていい国になってほしいです。

フィリピンの治安についてはこちらの記事で詳しくレポートしています。実際に巻き込まれた犯罪のお話も。

【最新版!フィリピンの治安】危険?実際にマニラとセブに住んだ私が実態を暴露します【最新版フィリピンの治安2018】危険?実際にマニラとセブに住んだ私が実態を暴露します

フィリピンで楽しく安全に生活するために、上手にフィリピンの治安と付き合っていきましょう!

今日もうさみはフィリピンでのんびり安全になんの不自由もなく生活しています。要は付き合い方!

フィリピン楽しいからおいでよーって心から思っています(*^▽^*)

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です