【マンガ】フィリピンのローカルマーケットで日本のお米を見つけた!場所、値段を公開。

【マンガ】フィリピンのローカルマーケットで日本のお米を見つけた!場所、値段を公開。

ぴよこ

フィリピンはお米の文化だから、料理は日本人の口に合うよ〜

とフィリピンに行く前に聞いたことがあります。

でも、うさみの口には合わなかった

旦那さんはあからさまで、お米大好きでおかわりをするほどよく食べていたのに、フィリピンでは全然食べなくなってしまいました。

美味しくご飯を食べるために炊飯器を買ったり、割り高でも美味しいお米を探したり。

フィリピンで美味しくお米を炊く方法は何?どうすれば美味しく炊ける?【海外対応の炊飯器を買おう】

でも、割り高のお米ってほんとに高くって家計のエンゲル係数がどんどん上がる…。
しかも片道2時間以上かけてお米を買わないといけないからめっちゃ大変。

そんな生活をしばらく続けていたんですが…

ついに!衝撃的な出会いが!!

ローカルマーケットで日本のお米を発見

フィリピンのローカルマーケットで日本のお米

最近、うさみの住んでいる長屋アパートに、日本語を喋れるフィリピン人夫婦が引っ越してきました。

奥さんがフィリピン×日本のハーフみたい。また、2人共日本へ出稼ぎへ行っていたらしくて日本語が堪能です。

奥さんが「あそこのパレンケ(ローカルマーケット)には、日本のお米が売ってるよね!」と…!

ローカルマーケットで買い物するようになって半年以上…。知らなかった!

早速ローカルマーケットのお米やさん巡りをしました。

すると…あるお米屋さんの一角についにそれを見つけたのです!

お米の値段、産地は?

フィリピンのローカルマーケットで日本のお米を発見した値段

ローカルマーケットでのお米のお値段は、なんと

  • 1kg:50ペソ(約110円)
  • 5kg買っても、250ペソ(約550円)

今まで買っていた割り高のお米は1kg:120ペソ(約265円)だったので、これは激安。

なんなら、日本で買うお米より安い!

そんなに安くて…ほ、ほんとに日本のお米?

どう見ても短粒米。これは期待できるかも!

まずは1kg試しに買ってみて食べてみました。

うさみ

フィリピンの日本食材屋で購入していた1kg:120ペソのお米より美味しいやん!

日本で食べているお米のクオリティーには敵わないけれど、全然食べれるレベル。

びっくりでした。

ちなみに同じパレンケ内でも、他の米屋さんでは日本米を売っているお店はありませんでした。

お店の人もこのお米のことは「Japanese rice」と呼んでいました。札は「Special rice」なのに!笑

産地はどこ?

気になる産地をお店の人に聞いてみると

「It’s import」

で、それ以上は教えてもらえず。たぶん、ただのスタッフでオーナーではないため知らないような雰囲気。

友達は友達で、「日本からの輸入品だよ〜だって日本のお米だよ〜」っと言っていましたが、

どうも、うさみはそうは思いません。

フィリピンで生産しているお米なんじゃないかな?と思っています。

理由は2つ

  1. 値段の安さ
  2. お米の味

値段の安さ

1kg:110円というお値段は日本から輸入しているということを考えるとどうも辻褄があいません。

だって日本で買うお米のほうが高い!

そこに船代までかかっているとなると…。いくら船での輸送が安いからといってもここまでの値段で販売するのは難しいのでは?

お米の味

もう一つは味。日本のお米特有のあのしっとり、モチモチ感が薄いんです。フィリピン米に近いパサパサした感じが残っています。

うさみ

それでも、全然食べれるレベルなんだけどね!チャーハンするのにピッタリな感じ!

お米は生産する時の気候によってかなり味が変わります。

日本のお米の美味しさは寒暖差があってこそ!

なので、品種は同じでも気候が違うことで味がぜんぜん違うことはあり得るんです。

なので、フィリピンで生産されているお米なんじゃないかな?と予想しています。

ただ、本当に日本のお米の輸入だとするなら古米、古古米というのであれば値段も味も納得かな。古古米…。

Twitterで有力情報ゲット

TwitterでフィリピンのJapanese riceに関して、こんな有力情報をいただきました。

な、なるほど! そういう意図があったのか!

でも相変わらず真相は闇の中。誰か知っている人がいたら教えてください。

ローカルマーケットの場所

そんな日本のお米(短粒米)が売られている場所は、ブラカン州にあるパレンケ。エリアはプラリデルです。

メインの道に近い場所にあるお米屋さんに「Special rice」として売られています。

マニラからだと2〜3時間かかるので、お米のためだけに行くのはちょっと遠いです。もし用事があればついでにお米を買っていくのはいかが?

うさみはこのエリアに住んでいるのでちょくちょくここのパレンケに出没します。笑

ぜひお試しあれ!

お米は大事

フィリピンのローカルマーケットの米屋

日々の暮らしの中で食事が美味しいと幸福度指数はかなりあがります。

なんて言ったって1日に3回あるから!

そんな食事をする中で主食となるお米。フィリピンに来て初めて知りました。お米は大和魂がめっちゃ詰まってる。

ついでに炊飯器があるともっと美味しくお米が食べれるので海外生活に炊飯器は必需品!

【海外対応の炊飯器】日本からフィリピンへ炊飯器を実際に運ぶ方法。使ったみた。【海外対応の炊飯器】日本からフィリピンへ炊飯器を運ぶ方法。実際に使ったみた感想。

海外の炊飯器ってちゃっちいからね…。

美味しい食べ物をいっぱい食べて充実した海外生活にしちゃいましょう〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です