【必須】フィリピンで電車(LRT/MRT)に乗るならbeep card。買い方、チャージの仕方、使える場所は?

【必須】フィリピンで電車(LRT/MRT)に乗るならbeep card。買い方、チャージの仕方、使える場所は?

フィリピンで旅行をしたり、生活していると、びっくりするのが渋滞!

こ、これじゃ、どこにも行けないじゃない…。と思うくらい1mmも進まないような渋滞を経験することがあります。

そんな渋滞や混雑を避けるための1つの方法がbeep card(ビープカード)

フィリピンで利用する際にめちゃくちゃ便利なのはもちろん、旅行の思い出にもぴったりです。

うさみ

フィリピンのbeep cardについて誰よりも詳しくレポートしていきます。

beep card(ビープカード)とは何?

フィリピンにあるbeep card(ビープカード)。

beep card(ビープカード)は日本で言うと、Suica や PASMO、 ICOCA などといった電子決済のできる IC カードです。

使い勝手や使い方もほぼほぼ同じ。

うさみ

そう、フィリピンにもICカードがあるんです。

知ってましたか?うさみは最近まで知りませんでした!笑

これがめちゃくちゃ便利。一度手に入れると、beep card(ビープカード)なしの生活はもう考えられません。

  • フィリピンで一度でも電車に乗る人
  • BGCエリアででバスに乗る人
  • ファミリーマート・サークルkサンクスのコンビニで買い物をする人

が持っておくと困らないカードの一つです。

beep card(ビープカード)が使うことができるのはどこ?

beep-cardの使えるバス

beep card(ビープカード)が使える場所は、

  • フィリピン・マニラにある 電車(MRT/LRT)の各駅
  • ファミリーマート(マニラのみ)
  • サークルkサンクス
  • BGCバス (BGC Bus)
    ボニファシオグローバルシティ地区
  • エアポートループバス (Airport loop bus)
    ニノイ・アキノ国際空港(ターミナル3)⇔マニラ市内(バクララン・バスターミナル)
  • シティリンクバス (Citylink Bus)
    マカティ・サンロレンツォ⇔マッキンリーヒル
    マッキンリーヒル⇔グアダルーペなど
  • フローリッヒツアーズ (Froehlich Tours)
    SMメガモール⇔SMノースエドサ
    トリノマ⇔グロリエッタ5

beep card(ビープカード)が使える場所にはbeep cardのマークがきちんと表示されています。

使える場所は主にマニラに使用できる場所が集中しています。

うさみ

利用可能範囲は現在も拡大中!

そのうちセブ島でも使用できるようになればいいな〜

beep card(ビープカード)が買える場所

beep card(ビープカード)が買えるのは、

  • MRT/LRT の各駅
  • 特定のBayad Center(公共料金の支払いができる窓口)
  • マニラの空港第3ターミナルの到着出口

などで購入することができます。

beep card(ビープカード)の購入方法

購入の仕方も簡単。例えば MRT/LRT で購入する場合。

1.チケットブースへ行く

フィリピンの電車(MRT/LRT)のチケットブース

2.beep cardと言う

【フィリピン・マニラのMRTとLRT】路線図と、電車の乗り方。治安は大丈夫?

すると、How much?と聞かれます。

ほしいだけの金額を答えましょう。

100ペソくらいが無難です。

3.お金を払う

フィリピンの電車(MRT/LRT)のbeep card

お金を支払うとすぐにカードが発行されます。

カードの発行手数料は20ペソ

100ペソを渡すと80ペソチャージされた beep cardを購入することができます。

購入した beep カードはその瞬間から使うことができます特別な手続きも必要ありません。

beep card(ビープカード)をチャージする方法

beep card(ビープカード)には最大100,000ペソチャージすることができます。

チャージすることができる場所は

  • MRT LRT の各駅
  • ファミリーマート、サークルkサンクス

などでチャージすることができます。

ただファミリーマートでチャージすると手数料が発生するという話も。公式には何も記載がないので、詳細は不明です。 また今度チャレンジしてみます。

MRT LRT の各駅ではチケットブースでチャージできる他

フィリピンの電車(MRT/LRT)のbeep cardのチャージできる機械

チャージ専用の機械があります。チケットブースに並ぶよりも断然楽。

これがめっちゃ簡単。

使い方は

1.カードを専用の機械に置く

フィリピンの電車(MRT/LRT)のbeep cardのチャージ方法

Add Valueをタッチ

2.チャージしたい金額を機械に投入

フィリピンの電車(MRT/LRT)のbeep cardのチャージ方法2

金額の確認がでるのでOKをタッチ

フィリピンの電車(MRT/LRT)のbeep cardのチャージ方法3

3.チャージがされる

フィリピンの電車(MRT/LRT)のbeep cardのチャージ方法4

チャージされている間はカードを動かさないでください。

チャージが終わればカードを取って大丈夫です。

レシートがほしい方はこの時にReceiptをタッチしてください。

これでおしまい!慣れれば1分もかからないくらいあっという間に終わります。

日本と違って電車やバスの運賃が格安のフィリピン。

1000ペソくらいチャージしておくと、いくら使っても永遠になくならないんじゃないかというくらい、たくさん使える気がしますよ!

beep card(ビープカード)が便利すぎる件

beep card(ビープカード)は2015年からフィリピンでの利用が開始されました。

利用できる範囲はどんどん広がっていて、コンビニや電車バスで使うことができます。

ファミリーマートでの買い物や電車での運賃の支払い、バスでの運賃の支払い、かなり便利です。

なんといっても、 長い長い電車のチケット購入の行列に並ばなくて済む。こんな便利なことはありません。何よりも時間の節約になります。

フィリピンの渋滞

フィリピンにいると渋滞や、効率の悪い作業によって、 日本のように思い通りの時間配分で物事が進むことはほとんどありません。

人によってはかなりイライラします。

うさみ

うさみもどちらかと言うとかなりイライラしました。フィリピンに半年もいるとだいぶ慣れますけどね。

それでも生理前とかはイラっとすることはあります。

そういう長い行列や、混雑を避ける方法は自分の体としき知識しかありません。beep card(ビープカード)がそういう知恵の一つ。

フィリピンのLRTのチケットブース

MRT/LRTに乗る時にはチケットを購入しなければいけません。

チケットを購入する際のがこれまた大変。とてもとても長い行列に並ばなければいけないことがしばしば。

ほぼ毎日どの時間帯でも行列ができていて、ひどい時にはチケットを買うためだけに30分から1時間待つことだってあります。

ですが、beep card(ビープカード)持っていればチケットを購入する必要はありません。

チャージもチケットの窓口はもちろん、専用の機械でできるので長蛇の列に並ぶ必要もありません。

うさみ

むしろ現地の人は何でbeep card(ビープカード)を持っていないんだろう

と思うくらい便利です!

フィリピンのLRTのBeep Card

上手にbeep card(ビープカード)を利用してスマートにフィリピンで過ごしてみてくださいね。

今まだマニラが主な使用範囲んだけど、これからどんどん利用の幅も広がっていくでしょう。

beep card公式サイト

今後は新型ジプニーでも使えるという話もあります。

IC カードは旅の思い出にもぴったり。実はうさみもこっそりコレクションしていたりします。

香港や台湾で使った IC カード未だに持っています。フィリピンの IC、ビープカードはたった20ペソで買えちゃうので、ぜひ利用してみてくださいね!

【フィリピン・マニラのMRTとLRT】路線図と、電車の乗り方。治安は大丈夫?【フィリピン・マニラのMRTとLRT】路線図と、電車の乗り方。治安は大丈夫?

4 Comments

Goro Hirano

よく調べていただきどうも有難うございます。
どのようにして、これほど正確にコンパクトに無駄なく調べることができたのでしょうか。
フィリピンでは、消費者や市民に向けての情報が非常に断片的で、問題が起こってから判るような場合が非常に多いのに。
調べられた方法をお教えいただけますでしょうか。

返信する
usami

こんにちは!コメントありがとうございます☺
うさみがbeep cardを知ったきっかけはフィリピンに1年先に住んでいる日本人の方から教えていただきました。
その先の詳しい情報は実際にうさみが使って知った実感と、フィリピン人の友人に教えてもらっています。
ご参考になれば幸いです。

返信する
Goro Hirano

さきほどお書きしたのですが、後でもう1つ気がついたことがありました。
消費者や市民への情報が断片的であることの結果が、「どうして現地の人はビープカードを持っていないのだろう」とお書きになっていらっしゃることなのでしょうか。その他にも移民局の決まりがいつのまにか変わっていて、こちらに全く知らされていなくて、違法滞在にされてしまったりしますね。
非常に整理された正確な情報に感謝いたします。

返信する
usami

>消費者や市民への情報が断片的であることの結果
これは本当に困りますよね!
昨日までは大丈夫だったことが突然変わっていることも…。
常にアナウンスには気をつけています。
ブログでは情報が変わったのに気付き次第リライトしたり、情報元も明記するように気をつけています。

>「どうして現地の人はビープカードを持っていないのだろう」
読者の方に考えていただくきっかけになればと思い書いています☺✨
アナウンスに気がついていない、貧困問題、交通手段の普及度などいろいろなことが要因として考えると思っています。

コメントいただくのとても嬉しいです。またぜひコメントしてくださいね!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です