フィリピンのマニラ・セブ島などに観光へ行く時にビザは必要?観光・滞在ビザ情報

フィリピンのマニラ・セブ島などに観光へ行く時にビザは必要?観光・滞在ビザ情報

フィリピンのマニラやセブ島へ旅行や観光へ行くあなた。

行く前にビザのことが心配になりますよね。

フィリピンに旅行へ行く場合ビザはどうなっているのでしょうか?

うさみ

今回はフィリピンには5回以上渡航経験のある、うさみがフィリピンの観光ビザ滞在ビザについてお話しします。

観光ビザの取得方法もお伝えするので参考にしてくださいね!

フィリピンのマニラ・セブ島への旅行へ行く場合のビザは?

【一時帰国の持ち物リスト】日本に帰る時に準備したほうが荷物は?【荷造りのコツ】

観光や旅行でマニラやセブ島などで行く場合、日本のパスポートを持っている人ならフィリピンビザ無しで最大30日滞在することができます

ただしひとつだけ条件があって、フィリピンから出国する航空券を持っていることが必須です。

つまり、

  • フィリピン行きのチケット
  • フィリピンからの帰りのチケット

 

を持っていれば、旅行へ行く前にビザの申請ががする必要はありません

あとは日本のパスポートさえ持っていればそのままするとフィリピンに入国することができます。

【2018年最新版】フィリピン(マニラ・セブ)の入国カード・税関申告書の書き方。入国時に必要な書類と入国審査の質問は?【2019年最新版】フィリピン(マニラ・セブ)の入国カード・税関申告書の書き方。入国時に必要な書類と入国審査の質問は?

フィリピンのマニラ・セブ島へ31日以上滞在したい場合は?

フィリピンの空、ココナッツ、ヤシの木

ただフィリピンに31日以上滞在する場合は目的が観光であっても、なくっても、ビザを取得する必要があります

この際ほとんどの人は最初の30日と合わせて合計59日間の滞在が可能となる観光ビザ(Tourist VISA)を取得します。

この、観光ビザの取得方法は2種類あります。

  • 日本で観光ビザを取得する方法
  • フィリピンで観光ビザを取得する方法

観光ビザの初回申請は、59日間の滞在が認められます。

ただし、フィリピンに60日以上滞在する場合はさらに延長が必要です。

1回目の申請では60日以上の滞在日数の申請はできません

60日以上滞在する場合には、観光ビザを取得した後、再度フィリピン現地のイミグレーション(入国管理局)に延長申請が必要です。

申請すると最大3年間まで滞在することができます。

フィリピンのマニラ・セブ島の観光ビザの延長方法は2つ

世界最強なのに日本人のパスポート保有率は4人に1人。海外離れしてるってこと?

フィリピンの観光ビザの初回申請(滞在日数59日以内)をする方法は2つあります。

日本で取得する場合、申請料は無料ですが準備書類が多く、かなり手間がかかります。しかも、取れるかどうか確実ではありません。

うさみ

個人的にフィリピンで取得するほうが楽なのでオススメです。

日本でフィリピンの観光ビザを延長する方法

費用

  • 無料

日本がフィリピンの観光ビザを取得する場合、費用は無料です。

必要書類

  1. パスポート
    パスポートの有効期限は6ヶ月+滞在日数以上であること。
  2. 移民ビザ申請用紙
    用紙のダウンロードはこちらからできます。
    全て英語で記入が必要
  3. パスポートサイズのカラー写真
    写真が撮影されたのは3ヶ月以内のもの。
  4. 経済能力を証明する書類
    収入がある人の場合:普通預金残高証明など
    収入がない人の場合配偶者両親からの身元保証書身元保証人の預金通帳など
  5. 日本においての職業を証明する書類
    学生の場合:在学証明書
    被雇用者の場合:雇用主からの雇用証明書
    自営業の場合:会社の登記を証明した公的機関の発行する書類
    無職の場合無職または退職者であることの申述書
  6. フィリピン国内での滞在先を証明する書類
    ホテルの予約確認書、もしくは滞在先の人の滞在証明書

 

観光ビザの発給までの日数

ビザの発給までには5営業日かかります。

また申請時には必ず本人が領事館に出向く必要があります。

受け取りに限っては郵送も可能です。ただし、ビザを郵送で受け取る時にはさらに2〜3日の日数がかかります。

なので急いでいる場合は直接、領事館に受け取りに行きましょう。

申請場所

日本国内に東京・大阪の2箇所です。

  1. フィリピン共和国大使館領事部
    東京都港区六本木5-15-5
  2. 在大阪・神戸フィリピン共和国総領事館
    大阪府大阪市中央区城見2-1-61 Twin21 MIDタワー24階

 

フィリピンでフィリピンの観光ビザを延長する方法

費用

  • 3030ペソ

日本円で約7600円です。

なお、時期やタイミングによって、微妙に費用が異なります。

安くなることもあれば、高くなることも。フィリピンルールで特にアナウンスもないのでほんとに謎です。

必要書類

  1. パスポート
    パスポートの有効期限は6ヶ月+滞在日数以上であること。
  2. 申請用紙
    イミグレーション(入国管理局)でもらえます。
    すべて英語での記入が必要です。

フィリピンで観光ビザの発給にかかる時間・日数

フィリピンで観光ビザを取得する場合、発給にかかる時間は選ぶコースによって異なります。

  • エクスプレスの場合:1時間
  • レギュラーの場合:2〜3営業日

 

パスポートを丸ごと預けてしまうので、エクスプレスにするほうが無難です。

申請場所

イミグレーション(入国管理局)で観光ビザの申請を行います。

フィリピンの主なイミグレーションの場所はこちら。

  • マニラ(MANILA BUREAU OF IMMIGRATION)
    住所:Magallanes Drive, Intramuros 1002 Manila
    TEL:(02)527-3251
  • セブ(CEBU IMMIGRATION DISTRICT OFFICE)
    住所:2nd Level J Centre Mall, A.S Fortuna St., Bakilid, Mandaue City, Cebu 6014
    TEL:(032) 345-6441
  • クラーク(CLARK IMMIGRATION ONE STOP SHOP)
    住所:2nd Floor, Clark Development Corp. Building 2127 Clark Special Economic Zone, Pampanga
    TEL:(045) 499 – 3125
  • バキオ(BAGUIO IMMIGRATION FIELD OFFICE)
    住所:#38 Wagner Road, Military Cut-Off, Baguio City, Benguet, 2600
    TEL:(074) 447 – 0805
  • ダバオ(DAVAO IMMIGRATION DISTRICT OFFICE)
    住所:JP Laurel Avenue, Bajada, Davao City
    TEL:(082) 232-8076
  • その他のオフィスはこちらから確認できます。
    http://www.immigration.gov.ph/contact-us/other-immigration-offices

 

フィリピンの観光ビザを取得したい場合は現地で取得する方が断然簡単で楽チンです。

日本で取得する場合には、必要な書類がたくさん。

しかも領事館は東京と大阪にしかないため他の地域から出向くのはかなり大変です。

悩める子羊

フィリピンで観光ビザ取得するのって、英語ばっかりで難しそう…。

うさみもそんな感じでしたが、フィリピンで何度も自力で観光ビザの取得しています

英語が自信ない、英語が話せない、など、心配もありますがうさみ自身も英語は得意ではありません。中1レベルと思っています。

ですが、たいして英語を話す必要もなく、書類を書いて、提出して、お金を払うとスルッと観光ビザの取得は終わります。

なので初めてでもきっと自力で申請できると思います。

フィリピンでの観光ビザの取得&延長方法を写真いっぱいでわかりやすくまとめてみたので役立ててみてくださいね!

楽しいフィリピン旅行になることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です