フィリピン人は簡単にお金を借金するって本当?回収方法と断り方。経験者の対処法

フィリピン人は簡単にお金を借金するって本当?回収方法と断り方。経験者の対処法

現在フィリピンで住んでいる うさみ(@usamilife)です。

海外に出ると日本との文化の違いに驚かされることがたくさんあります。

食べ物、宗教はもちろん、物事の考え方やお金の考え方まで。ありとあらゆるところで違いが出てきます。

今回はそんなフィリピンのお金の考え方の話。

「気をつけなよ〜」っと言われていたことでも実際体験すると違うもの。

うさみ

最近うさみが経験した

  • フィリピンのお金の価値観
  • 実際にうさみが経験したお金の話
  • お金を貸してと頼まれたときの対処法
  • フィリピン人からお金を返してもらう方法

をお伝えします。

フィリピンでのお金の価値観と日本のお金の価値観

日本でお金を借りると言うとかなりハードルが高い印象。

そもそもに借金をする人にいい印象がありません。

  • 友達にお金を借りる
  • 家族にお金を借りる
  • 職場の人にお金を借りる
  • 消費者金融にお金を借りる

どれもなかなかハードルが高いです。

家庭によっては「お金は人には貸すな」と教育するようなお家もあるぐらい。

うさみ

「お金を貸す時はあげてもいいっと思って貸さないといけないよ。」「金の切れ目が縁の切れ目と言うものよ」とうさみも教育されたものです

でも、そのぐらい日本人のお金の価値観って厳格なもの。

ところがフィリピンではそうはいきません。

フィリピン人は簡単にお金を借金するって本当?回収方法と断り方。経験者の対処法

よくいるフィリピン人のお金の価値

  • お金はあればあるだけ使う
  • なくなれば人から借りればいい

そんな価値観です。

断れない日本人の末路

「お金がなかったら人から借りればいいや〜」が基本的な考え方のフィリピン人。

そして、フィリピン人からすると日本人というのはお金持ち。

なので、

お金がないフィリピン人

200ペソでいいんだ!お金貸してよ!来週には返すからさ!

なんて言ってくることも。

金額が小さくってついつい「まぁいいっか」と思って貸してしまう人も。

ですが、簡単にお金を貸してしまうと、また「お金を貸して」って言われてしまうことがほとんど。時には、前回貸した分を返さないうちに。

しかもフィリピン人からお金を回収するのはとても困難。

フィリピン人からお金を回収する方法

律儀な日本人のほとんどは、お金は借りたらきちんと返します。

その当たり前のルールは海外に行くと通用しません。フィリピンでももちろんそうです。

フィリピン人に貸したお金を回収する方法は、

  1. しつこく催促する(Text、メッセンジャーなど)
  2. 給料日に会社に直接取りに行く
  3. 返してもらうのを諦める

フィリピンでお金を貸すと、なかなか約束どおりにお金を返してくれるということはありません。

なので、まるで借金取りのように催促をしないといけません。しかも、そうしたからといってお金を返してもらえるかは確実ではありません。

お金を返してもらうにもかなりの労力を使います。

さらには、お金を貸したがゆえに、相手や周りの人との人間関係が崩れてしまうことも。

不仲、破局、嘘、陰口、ゴシップ、嫌がらせなどなど。お金って怖いです。

そうなるとやっぱり、そもそもにお金を貸さないということが一番

うさみ

個人的には、全額を回収するのはほぼ不可能と言っても間違いないかと…。

日本人は「No」というのがとても苦手です。

ですが、そこは心を鬼にして「No」と言う必要があります。

借用書を書いたとしても、回収なんてできません。

お金に対する価値観がそもそも日本人と違うという点で、貸したお金の回収は、ほぼほぼ不可能です。

フィリピン人の借金依頼を上手に断る方法

お金がないフィリピン人

200ペソでいいんだ!お金貸してよ!来週には返すからさ!

なんて言われると、「ちょっとくらいならまぁいいかー」と思ってついつい貸してしまいたくなりがち。

ですが、ここは心を鬼にしてでも断らないといけません。

だって、次も、その次も、と何度でもお金を借りにくるから。

そんなお金を借りにくるフィリピン人の上手な借金依頼の断り方は

「僕もお金がないんだ」

「手持ちのお金がないんだ」

と貸せるお金がないことを伝えるのが一番効果的。

フィリピン人は簡単にお金を借金するって本当?回収方法と断り方。経験者の対処法

また普段から、お金を持っていそうな素振りは控えること。

少しでもお金を持ちそうな素振りをすると、お金を貸してと言ってきます。また、借金依頼をされた時に『お金を貸そうかな』と悩んでいるそぶりを見せるのも危険。

【最新版!フィリピンの治安】危険?実際にマニラとセブに住んだ私が実態を暴露します【最新版!フィリピンの治安】危険?実際にマニラとセブに住んだ私が実態を暴露します

「少しでいいから!」とかなり食い下がって来られます。お金を貸すと言ってなくても迷った時点で「ありがとう!じゃあこうこう、こうやってお金を貸して!」など口座を指定してきたり、お金を借りるために会いに来る予定を立てられてしまったり。

トラブルを避けるためにも、そもそもにお金を貸さないこと。「お金持ってないんだ」とアピールして借金依頼を断りましょう。

実際にお金を貸してと頼まれたシチュエーション

フィリピンのマニラから約1時間。北側にあるブラカン州のアパートに引っ越した後。それは起こりました。

うさみ夫婦が引っ越して二日目の夜8時頃のこと。

今日の夕飯美味しかったね〜なんて夫婦でのんきにおしゃべりをしていたところ、『コンッコンッ』ドアをノックする音が。

うさみ

誰だろう?引っ越したばかりで知り合いもほとんどいないのになー。大家さんかなー。

網戸とドアの2枚扉になっている玄関のドアを開けると、同じアパートの向かいに住むおばあさんが。

この向かいのおばあさん、存在は知っているけれどほとんど交流はありません。

これまでの交流といえば

「あら、あなた何人?」「ここに住むの?」程度の会話。合計しても5分ぐらいの会話しかしていません

こんな時間にどうしたんだろう…?と網戸越しに話をしてみると…

おばあさん

お金を貸してもらえない?孫が入院してしまって…。どうしてもお見舞いに行きたいの。

そう、お金の催促です。でも、この話が本当だったら可哀想だし…と困惑して言葉に詰まっているうさみの後ろにうさみ旦那がやってきて、一言。

うさみ旦那

ごめんね。僕たちはお金は貸せないんだ。

だけれど、そう言っても食い下がってくるおばあさん。

おばあさん

今日は土曜日で銀行が空いてなくって。来週の月曜日にはきちんと返すから、500ペソ(約1200円)だけでいいから…貸してちょうだいよ。

引っ越しをしてまだ2日目。ほとんど知らないおばさんを信用してお金を貸すことなんてできません。1200円でもフィリピン人からすれば大きなお金のはず。

だけれど、真向かいのおうちのおばあさん今後関係が悪化してしまうのも嫌だし…と一瞬頭をよぎりましたが、旦那は絶対に貸さない姿勢。

基本英語で会話、時々おばあさんがタガログ語で何か言っている(たぶんケチとか、お金持ってるのに、みたいな感じのこと)。

うさみ

おばあさん、ごめんなさい。ほんとに私達、お金がないんです。

今日は市内の方まで出かけてその時にお金を全部使ってしまって。家にも財布にもお金がないんです。

それを聞いて、おそらくこれは無理だなと判断したのでしょう。おばあさんは不機嫌そうな顔で黙って迎えの家に戻っていきました。

その夜の出来事を次の日、友達のフィリピン人に話したところ「それは貸さなくて正解だよ!」と言ってもらいました。

「うさみは彼らのことを知らないし、彼らに一回貸してしまうと、また借りに来る可能性があるからね。そういうのは気をつけた方がいいよ。

僕のお母さんは困ってる人がいたらすぐ貸してしまうんだ。だけどね、返してこない人はたくさんいるよ。だから本当に気をつけてね。」

フィリピンと上手に付き合うために

フィリピンはキリスト教徒が95%なんだとか。

キリスト教の大きな概念としては、貧しい人に施すというものがあります。そういう概念がない日本人からするとやはりそこは考え方の違い。

おばあさんはその後、出会っても挨拶もしてくれなくなりました。

まぁ仕方ないかー。

フィリピン人の給料は日本と違ってものすごく安いです。日本では生活できないレベルの給料で生活をしています。

いくら物価が安いと言えど、すぐに使い切ってしまうのも理解できなくもない。。もう少し給料が上がればこういうことも減るのかな?

【フィリピンの給料】フィリピン人の最低賃金はいくら?時給?日給?月収は?どうやって仕事を探すの?

フィリピン人の考え方を上手に受け入れて、楽しく生活できるように上手な付き合い方をしてフィリピンライフを満喫していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です