【フィリピンの銭湯】マニラにある山忠(Yamachu)はどんな銭湯?温泉?実際に行ってみた

【フィリピンの銭湯】マニラにある山忠(Yamachu)はどんな銭湯?温泉?実際に行ってみた

海外にいると、「うーん、湯船にゆっくり浸かってお風呂に入りたい!」と思ってもなかなかそうはいきません。

それはここフィリピンでも同じ!基本シャワーしかないので湯船に浸かることができません。

でもたまには湯船に浸かってゆっくりお風呂に入りたい!

そんな夢を叶える場所が実はマニラにあります。マニラにある銭湯、山忠(Yamachu)行ってきたのでレポートします!

フィリピンのお風呂事情

フィリピンのお風呂事情は日本とは全く異なります。

  • 基本、水シャワー
  • 生活レベルによってはシャワーなし、外で水浴び
  • 湯船に浸かる文化がない

フィリピンで住む家探しやAirbnbを利用する時に気をつけないといけないのが、ホットシャワー。

うさみ

うさみがAirbnbで民泊した時、どんなお金持ちのお家でも水シャワーのみ、ということがありました。水シャワーが辛すぎて、途中で宿を変えたことも。

日本人が水シャワーをするのはなかなか苦痛です。

お風呂=あったかいもの の概念が日本人は強いからかな?

特に、夜にお風呂に入る派は外気温が下がってから浴びる水シャワーは苦行、ある意味修行です。笑

フィリピン人に話を聞くと、お湯でシャワーを浴びるほうがありえない!という感覚

だってホットシャワー、暑いじゃん!

と言ってました。

フィリピン人は朝シャワーか昼シャワーなど、日中にシャワーを浴びることが多いようです。夜にシャワーを浴びるのはタブーなんだとか。確かに夜になると気温が下がるから寒いですよね。体調崩しちゃう。

フィリピンスタイルは髪を洗っても乾かさない

そして、もう一つ驚きなのが、髪の毛を乾かさないこと。

しかも、髪が濡れたまま外に出かけます。フィリピンでは全然普通のことのようで、文化の違いを感じます。

朝、ジプニーに乗ると髪の毛がグッショリ濡れたままの女性が乗っていることもチラホラ。

だからといって誰も気にすることはありません。ある意味楽ちんです。笑

そんなフィリピンのお風呂事情

  • 基本、水シャワー
  • 生活レベルによってはシャワーなし、外で水浴び
  • 湯船に浸かる文化がない
  • 髪は乾かさないで外出してOK

という日本とは異なる文化で生活していると、無性に「湯船に浸かりたい!!!」となることがあります。

日本が恋しい時やストレスを感じた時は特に。そんな時の気分の切り替えにもお風呂はうってつけ

湯船に浸かりたいという欲求を満たしてくれるお風呂屋さんが実はフィリピン、マニラにあるんです。

山忠(Yamachu)はどんな銭湯?

マニラ・マラテにある山忠(Yamachu)。

マラテの路地を歩いているとパッと山忠の看板が現れます。

うさみ

初めての時は知らなくて、知人にオススメしてもらって山忠に行きました

山忠は日本人が経営する銭湯なんだとか。なので、お風呂の形式も日本式。安心してお風呂に入れます!

【フィリピンの銭湯】マニラにある山忠(Yamachu)はどんな銭湯?温泉?実際に行ってみた

山忠(Yamachu)の嬉しいポイントは

  • 館内が清潔
  • サウナがある
  • ミストサウナがある
  • 鍵付きのロッカー完備
  • 清潔な館内着が完備
  • バスタオル、フェイスタオルも完備
  • 少し高めのシャンプー・リンスが置いてある
  • 体重計がある
  • ドライヤーがある
  • スタッフが優しい

なので、着替えをしなくてもOKだったら手ぶらで行くこともできちゃいます。

山忠(Yamachu)は2階に受付があり、そこでコースを選びます。

山忠(Yamachu)の値段・コース

山忠(Yamachu)の価格はこんな感じ。セットメニューやオプションも豊富で自分に合ったものを選ぶことができます。

A.エントランスフィー(入浴料) 600ペソ
約1320円
B.マッサージ 350ペソ 約770円
C.日本料理のコース 250ペソ 約550円
オプション
VIPルーム 50ペソ/1時間 約110円
COUPLE VIPルーム 100ペソ/1時間 約220円
セットメニュー
A+B 850ペソ
約1920円
A+C 850ペソ
約1920円
A+B+C 1100ペソ
約2420円

【フィリピンの銭湯】マニラにある山忠(Yamachu)はどんな銭湯?温泉?実際に行ってみた

この価格表以外にも、マッサージのみの価格表がありました。フットスパやハンドスパなど。オプションメニューになるのでやってほしい人は追加するといいと思います。

【フィリピンの銭湯】マニラにある山忠(Yamachu)はどんな銭湯?温泉?実際に行ってみた

こうしてみてみると、日本でスーパー銭湯に行くよりも圧倒的に高い…。でも、フィリピンで湯船に浸かることができるということがとっても貴重!お金より気持ちの問題。笑

うさみ

うさみはいつもセットメニューのA+B(入浴料+マッサージ)を選んでいます。マッサージをしてもらった後、別払でチップが必要なのでお気をつけください〜。

山忠(Yamachu)に実際に行ってみた

山忠(Yamachu)はフィリピン・マラテにあります。

近くには日本食材屋があり、日本食の買い出しのついでで行くこともできるいい立地。繁華街でいつも街は賑わっています。

そんなマラテの繁華街の中をぐんぐん進んでいくと、JAPANESE SPA(ジャパニーズスパ)という看板が見えてきます。

【フィリピンの銭湯】マニラにある山忠(Yamachu)はどんな銭湯?温泉?実際に行ってみた

そう、ここが山忠。

一階には警備員がおり、2階へ上がる階段を進んで行くと受付があります。

【フィリピンの銭湯】マニラにある山忠(Yamachu)はどんな銭湯?温泉?実際に行ってみた

2階でどのコースにするかを選びます。料金は先払い。

会計を済ますとロッカーの鍵をもらえます。ロッカーの鍵を持って、次は3階へ。

3階にお風呂があります。3階のカウンターにはシャンプーやパンツを売っているコーナーもあります。

【フィリピンの銭湯】マニラにある山忠(Yamachu)はどんな銭湯?温泉?実際に行ってみた

男湯と女湯が分かれていて、うさみは女湯へ。

扉をくぐるとそこには大量のロッカーが!

【フィリピンの銭湯】マニラにある山忠(Yamachu)はどんな銭湯?温泉?実際に行ってみた

もらったロッカーキーの番号を確認して、自分のロッカーの中へ荷物を入れます。

ロッカーの鍵が若干かかりにくかったり、壊れていることもあるのできちんと鍵がかかるかどうかは確認した方が良さそう

ロッカールームにはたくさんのフィリピン人スタッフがいて、分からなくて困っているとサポートしてくれたりします。

ロッカールームで服を脱ごうとすると慌ててスタッフが館内着を持ってきてくれました。

【フィリピンの銭湯】マニラにある山忠(Yamachu)はどんな銭湯?温泉?実際に行ってみた

よくよく他のお客さんを見ていると、日本と違って裸でうろうろするというのがあまりないようで、ロッカールームでは服を脱いでいませんでした。笑

ロッカーの前で服を脱ぐというよりも、脱衣所やトイレで服を脱ぐようです。

うさみは A + B(入浴料+マッサージ)のコースを選びました。

入浴とマッサージがセット!最高です。

マッサージは好きなタイミングで受けることができます。お風呂の前でもいいし、お風呂の途中でもいいし、お風呂の後でもOK!

【フィリピンの銭湯】マニラにある山忠(Yamachu)はどんな銭湯?温泉?実際に行ってみた

好きなタイミングでマッサージルームのスタッフのところへ行き、「マッサージをお願いしたいんだけど」とお願いします。

するとすぐにマッサージを受けることができます。

マッサージは

  • ドライマッサージ
  • オイルマッサージ など

コースを選べます。

うさみのオススメはオイルマッサージ!

1時間のマッサージコースを受け終わったころには心身ともにリラックス。ほんと最高です。

大浴場の中は

  • 大きな湯船
  • 大きな湯船の半分ぐらいのサイズの湯船
  • 水風呂
  • ミストサウナ
  • サウナ
  • シャワールーム

があります。

シャワールームが湯船の向かいにあり、そこで体を洗うことができます。

【フィリピンの銭湯】マニラにある山忠(Yamachu)はどんな銭湯?温泉?実際に行ってみた

日本人はお風呂で裸でいるのは平気な人が多いのですが、よくよく観察していると

  • フィリピン現地の人
  • 白人系の女性

が裸でウロウロすることはほとんどありません。

裸にはすごく抵抗がある感じで、常にバスタオルを巻いています。

そして湯船にも少し浸かるとすぐに出て行きます。あまり湯船に浸かる文化がないんだろうなと感じる瞬間。

うさみが山忠(Yamachu)に行くのは日中。そのせいもあってかほぼほぼ貸し切り状態!

大きな浴槽でゆっくりとお風呂を楽しむことができます。

サウナ室の中にはテレビがあります。謎なNHKのアニメーションがやっていたり、男湯では相撲をやっていると聞きました。

女湯の天井には昔はミッ◯ーの絵が書かれていたんだろうな、と思うような筆跡。今は塗装が剥げてミッ◯ーマウスと思わしき傷しか残っていません、笑

男湯の方には富士山の絵があると聞いています。

喉が渇いたら、ウォーターサーバーがあるのでいつでも水を飲むことができます。

脱衣所には体重計があり、体重をチェックすることもできます。うさみの家には体重計がなかったのでありがたかったです。

【フィリピンの銭湯】マニラにある山忠(Yamachu)はどんな銭湯?温泉?実際に行ってみた

大浴場の中は湿気が全然なく、なぜかいつも乾燥している状態。

お湯が並々とあるのにすごく不思議。

お風呂から上がって、髪を乾かそうとするとスタッフが寄ってきました。

【フィリピンの銭湯】マニラにある山忠(Yamachu)はどんな銭湯?温泉?実際に行ってみた

「髪を乾かしてあげようか」と聞いてくれました。別のスタッフは「麦茶欲しい?」と聞いてくれ麦茶を出してくれました。

対応はまるでお姫様状態。

こんなに至れり尽くせりされること、なかなかないので若干困惑。笑

本当にスタッフ達は優しい人ばかりでした。

日本人はやっぱり湯船に浸かると幸せ

そんな心身ともにリラックスできるお風呂屋さん山忠(Yamachu)。

湯船にゆっくり浸かることがなかなかない海外生活ではほんとに貴重な存在です。

マニラに来た時は是非試してみてはいかがでしょうか?

日本に帰りたい。海外赴任者、駐在員、海外赴任者、その奥さんがなりがち日本に帰りたい!海外で日本に帰国したくなる10の理由と私が実際にした7つの対処法

日本人はお風呂湯船に浸かるのが本当に大好き。日本で生活をしている時には、こんなにお風呂が恋しくなるなんてとは想像もできませんでした!笑

お金を気にせずに自分が本当にしたいことを大切にしながら、うさみはフィリピンでこれからものんびり暮らしていこうと思います。

日本脱出体験談。リックサック1つで日本脱出した話日本脱出体験談。リックサック1つで日本脱出した話 フィリピンの永住権を取得!国籍はどこになる?日本には住める?5つのよくある質問フィリピンの永住権を取得!国籍はどこになる?日本には住める?5つのよくある質問

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です